旦那の浮気で泣き寝入りなんて絶対しないでね!!   〉〉

バレにくい妻の浮気。5つの兆候と発覚するきっかけ4つとは?

浮気中の妻

「男の浮気と比べて、女の浮気はバレにくい」

これは世間一般でよくいわれていることですね。

しかし、ほんのちょっとしたところに浮気の兆候が現れ、妻の浮気が発覚することもあります。

「妻が浮気をしてるんじゃないか…?」

夫がいったんその疑いを抱いてしまうと、そのまま一気に夫婦関係の破綻にも繋がりかねません。

では、妻の浮気の兆候とは一体、どういった行動なのでしょうか?

今回は、妻の浮気の兆候とバレにくいといわれる妻の浮気が発覚するきっかけについてお話しましょう。

妻の浮気にありがちな5つの兆候

妻の浮気は、夫の浮気と比べて本気の恋愛になってしまうケースが多く、精神的な面が大きく影響してきます。

1.夫に対して冷たくなる

夫に対して冷たくなる

会話が減ったり、夫に触られるのを嫌がったりするのは、妻の浮気の兆候としてよくあることです。

こんなときは、スキンシップはしばらくやめて会話を増やすようにすると、妻の心移りを防ぐことができるかもしれません。

2.スマホを触る時間が増える

スマホばかり触る妻

浮気相手とのやり取りがある分、スマホを触りがちです。夫がいる前でもやり取りしていそうであれば、夫に対してかなり油断しています。

この場合も、夫婦の会話や一緒に過ごす時間を増やすようにするといいでしょう。

また、「あまり遊びすぎないようにね」などと、遠まわしながらも威厳ある態度で釘を刺すのも効果的です。

3.外出の機会が増える

外出が増える妻

一人で飲みに行ったり旅行に行きたがったりするようになると、さすがに夫もおかしいと思い始めるはずです。この場合も、威厳ある態度で遠まわしに釘を刺すことが大切です。

「威厳ある態度で釘を刺す」とはつまり、キレて怒鳴ったりせずにただ「静かなる怒りを表す」ということ。そのほうが、浮気を見透かされているようで妻にとっては怖いはずです。

4.突然夫に営みを求めてくる

浮気をすると夫に冷たくなる妻は多いですが、逆に突然妻から夜を求めるようになるのも最近は浮気の兆候として囁かれています。

浮気相手との妊娠の危険性があるので、もし妊娠してしまったときにごまかすために夫ともそうするのだとか…。

しかし、これは「=浮気の兆候」という判断がとても難しいので、1~3の項目が全て当てはまる場合にのみ疑ったほうが良いでしょう。

5.家事をしなくなる

家事をしない妻

ほとんどの妻が、浮気を始めると家事が疎かになってしまうようです。しかし、逆に浮気を始めた途端に家事を完璧にできるようになる妻もいるらしいので、ここはタイプが分かれるところですね。

いずれにせよ、それまでと様子が変わったら何かあります。

金銭的な負担はほとんどない妻の浮気ですが、夫に冷たくなったり、外出の頻度が増えたりと兆候はたくさんあるのです。

妻の浮気が発覚する4つのきっかけ

1.スマホでやり取りの痕跡を発見した

スマホで浮気の痕跡発見

浮気が発覚するきっかけは、男女問わずこれが一番多いのではないでしょうか。

あまり頻繁に相手のスマホをチェックすると妻が怒ってしまったり、浮気が水面下(警戒して潜る)してしまいますから、「怪しい!!」と思ったここ一番にだけこっそりチェックするとよいでしょう。

その際、LINEの非表示リストやGmailなどのPC向けメールもチェックするのを忘れずに。携帯用・PC用の複数アドレスを使い分けた方が浮気がバレにくいので、アドレス分散している浮気妻は多いといいます。

2.共通の知り合いに目撃された

浮気の密会

妻が浮気相手を近場で作っていた場合、共通の知り合いに見られる可能性は十分にあります。この場合、スマホチェックなどの煩わしいことをせずに浮気をしていることがわかるので、手っ取り早く浮気調査を依頼してもいいでしょう。失敗しない調査依頼の仕方は後述します。

もし妻のスマホが自由に触れる環境にあるなら、こちらの記事がお役に立てるかもしれません。
 関連記事 パートナーの浮気調査に使えるアプリ5選!ガチ過ぎて怖い?

3.浮気調査

浮気調査で張り込みする探偵

妻の浮気を疑って、浮気調査をしたら浮気が確定することがあります。モヤモヤとハッキリしない状態を確信に持っていけるので、やり直すにしろ離婚するにしろ、浮気調査をするのは精神衛生上も良いことだと思います。

失敗しない調査依頼の仕方は以下の記事が参考になるでしょう。
 関連記事 不倫の証拠をつかむには?知っておくべき5つの選択肢

4.浮気相手が夫にバラした

浮気相手がバラした

浮気相手が嫉妬深い人だったりすると、家庭を壊そうと夫にバラしてしまうことがあり得ます。

この場合は浮気相手本人が暴露してきますので、離婚するにしても一番解決に持っていきやすいですね。注意事項としては、浮気相手が何を言ってきても冷静に対応することです。

離婚の方向で話をする場合、以下の記事が参考になるかもしれません。
 関連記事 パートナーの浮気55のチェックリスト~離婚準備まで完全対応マニュアル

立場は逆ですが、ヒントの詰まったメルマガもご紹介しておきます。
 ライター体験談 サレ妻が夫を取り戻すまでの全軌跡【裏メルマガ】

浮気と勘違いしやすい妻の3つの行動

逆に、浮気をしていないのに浮気をしていると早合点してしまう行動も考えてみましょう。

1.派手な下着を買う

派手な下着は浮気の兆候?

妻はその時の気分で派手な下着を新調することもありますが、夫には「派手な下着=浮気」と捉える人がとても多いですね。

女性は、もし浮気をしたとしても下着に気合いを入れる人は意外と少ないのです。下着が変わっただけで浮気の兆候だと判断するのは、早とちりかもしれません。

2.飲み会の頻度が多い

妻の仕事の飲み会が増えるとやはり怪しいですよね。どうしても浮気が不安な場合は、「早く帰ってきてほしい」「寂しい」ということを伝えて、夫婦で楽しく夜を過ごすように持っていくと良いでしょう。

3.メールの返事が遅い、電話に出ない

不倫相手と連絡をとる

連絡がつかない時間帯があるのは、男女問わず不信がられますね。しかし、妻に連絡がつかないだけで浮気を疑うのは少し早いかもしれません。

あまりに空白の時間が長いようであれば、怒るのではなく冷静に話し合って「必ず連絡を取る」と約束した方が良いかもしれません。

さいごに

いかがでしたか?バレにくいけど本気になりやすい妻の浮気。

本気になると夫のことをないがしろにしてしまう妻が多いように思えますが、実際に浮気している妻は、最終的には夫の元に帰りたがる傾向にあります。

なんだかんだいっても、妻にとっては夫が一番の理解者ということもありますから。

早い段階で釘を刺すことで、浮気が本気になるのを防ぐ効果も高くなります。

妻のことをいたわりつつ、やんわりと束縛して夫婦の楽しい時間を増やすようにできるといいですね。

探偵社のおすすめはこちら

不安な探偵選びはコンシェルジュに相談を。