旦那の浮気で泣き寝入りなんて絶対しないでね!!   〉〉

40代独身女性が結婚を諦める時。

40代女性が結婚を諦めるとき

40歳というのは女性にとっては大きな意味を持つ年齢です。

30代まではまだ若さがあるし元気もあるし、仕事も攻めの時代で楽しい時です。

とくに女性がキャリアを持つことが一般的になってきた現代では、仕事を優先して恋や結婚を後回しにしてきた女性もいらっしゃることでしょう。

ところが40歳を目前にしてふと、「私はこのままで今後の人生も幸せに生きてゆけるのだろうか」と思うようになります。

その30代最後の時に行動を起こさず独身のまま40代へ突入すると、今度は「もう結婚とかは無理かもしれない」と思うようになってしまいます。

この記事では40代の独身女性にとっての結婚について考えてみましょう。

40代になった独身女性が結婚を諦める理由

40代女性が結婚を諦めるとき

独身女性が40歳を迎える時に最初に思うのは、「このままだともう出産は無理かもしれない」ということだと思います。

男性は子作りの年齢制限がもう少し緩やかですが、女性の場合は明らかに産めない時期が迫ってきます。

そのため、逆算して計画を立てて急いで結婚をしようとして失敗したり、あるいは「子供が産めない=結婚できない」と決めつけてしまったり。

独身女性にとって40代突入の時期は、ご自身のお気持ちの中でも結婚に対する意欲が落ちてきてしまう時期です。

また、同世代の男性はほとんど既婚者であるという環境や、親や友人なども気を遣ってもう結婚の話題を出してこなくなることで、「結婚対象の年齢を過ぎてしまった」と評価されていると感じるなど、外的要因にお気持ちがひっぱられ、結婚を諦める気持ちにさらに拍車がかかる40代独身女性は少なくありません。

40代独身女性だけど結婚を諦めない方法

40代でも結婚を諦めない

40代に突入すると前出のように結婚に不安を感じるほか、会社でも「がむしゃらに頑張る若手」でもなく「貫禄で頂点に立つ立場でもない」というちょうど微妙な立ち位置に入ってくる年齢です。

生き方でもキャリアでも見つめ直しを迫られることが多いため、40代というのは「今までの方法ではダメなのかもしれない」とご自身のアイディンティティーが揺らぐ世代でもあります。

40代というのはアイデンティティーの危機を感じる年代ではありますが、それは決して「諦める」時期にきているということではありません。

人生の中には転機というものは必ずやってきます。

そしてその転機というのは得てして「危機」からやってくることが多いのです。

かのスティーブ・ジョブスも「自身が設立したアップル社をクビになる」という大危機によって、ピクサーという別の会社へ情熱を転嫁させ、これまた歴史に残る映画会社を世に残すことに成功しました。

あるいはなにかを諦めることはあるかもしれません。でもそれは必ず新しい形への始まりでもあるのです。

結婚に対しても同じです。

世の中が押し付けてくる「結婚」というイメージとは別の、あなたならではの生涯を共に生きてゆける男性との「結婚」をイメージする時がきているだけなのです。

あらためて、あなたにとっての「結婚」とはなにかということを考えてみましょう。

40代独身女性が結婚への出会いをみつける具体的な方法

40代の出会い探し

オーソドックスではありますが、出会いを見つける方法はいつの時代も次の3つです。

  1. 専門家に頼む
  2. 友人に頼む
  3. 偶然の出会いがやってくる

専門家というのは「結婚紹介所」に代表されるように出会いを求める女性と男性の仲を取り持つことを専門にしている人や企業のことを指します。

現在は40代の婚活パーティーにもたくさん人が集まる時代です。専門機関を積極的に活用するのは良いことだと思います。

(一般的に成功する出会いについては『出会いをみつける3つの具体的な方法ー出会い運がアップするコツ』で詳しく説明しています)

上記の1〜3のいずれの方法にしても、40代の独身女性が出会いをみつけるために一番必要なことは、「ご自身の今までの生き方に自信をもち、なぜ今結婚に意識がむいているのかということを明確にする」ことです。

いままで生きてきた分だけ、あなたには若い時にはなかった魅力が増えています。

まだ何もわからない若い頃にする結婚だからこそ良い部分もあれば、ご自身の生き方がちゃんとわかってからする結婚だからこそ良い部分もあります。

真剣に生涯を共にする伴侶を求めていることを周囲にアピールすることができれば、自然と紹介のお話も舞い込んでくるはずです。

その時に大事なのは、どういうお相手を求めていらっしゃるのかを明確にすること。

「優しい人がいい」など、とらえる人の価値観によって幅がでてしまうような抽象的な表現で伝えるのではなくて、

「私は仕事柄帰りが遅くなることも多いのでその辺はおおらかにとらえてくれる優しさがあって、休日は家でゴロゴロではなくて、一緒にドライブにでかけてくれたりする優しさがあるひとがいい」と具体的に伝えることです。

またお相手も含め、長く一人で生きてくると、「ここは譲れないポイント」が若い時よりは増えています。

「ここは譲れないポイント」は今一度整理して、幾つかの案件は「まあ譲れないこともないかもしれないポイント」に移行することも必要です。

譲り合うからこそ結束が固くなるのが夫婦です。

あなたがそんな風にお感じになれるお相手と出会い、確かな愛を育んでゆかれますことを心より信じています。

愛を込めて

ラブモチベーショナリスト 天野里江子