旦那の浮気で泣き寝入りなんて絶対しないでね!!   〉〉

キスだけじゃ不貞行為にならない?不倫の新たな形とその脅威

キスは浮気にならない?

「どこからが浮気で、どこまでならセーフなのか?」

これは、浮気問題を語る際、長年にわたり議論が続いているテーマです。

しかし、それはあくまで男女の倫理観における話であり、法律の世界においての浮気は「不貞行為」という名称で明確に定義されています。

ただし、どんな法律にも抜け穴があるように、この不貞行為の定義にも抜け穴があります。

例えば、多くの人は自分のパートナーがほかの異性とキスをしたら、もちろん浮気だと感じるはず。しかし法律の世界では、別の異性とキスをすることは浮気にはならないのです。

それを良いことに、最近では不貞行為の定義に当てはまらない様に浮気をする狡猾な手口が既婚者を中心に広まり始めています。

それでは、一体浮気問題にどんな変化が起きているのか?

今回は「不貞行為」と「キス」との関係について迫っていきたいと思います。

キスだけでは不貞行為にならない?

法律

まず、法律において、キスは不貞行為とはなりません

『不貞行為』とは、民法770条に記される「離婚が出来る重大な事由」において定められていますが、その定義は過去の判例により、次の様に解釈されています。

「本人の自由意志により、配偶者以外の異性と複数回の性行為を行うこと」

少し固い言い回しですし、これだと少し解り辛いかもしれませんね。

そこで、簡単に要点だけをまとめると、不貞行為と認められるためには以下の条件が必要になります。

【不貞行為】

  1. 既婚者であること
  2. 本人の意思にもとづいて性行為を行うこと
  3. 同じ相手と2回以上性行為を行うこと

この3条件さえ満たせば、不貞行為を行ったとして離婚を成立させ、なおかつ慰謝料請求を行う権利を得ることができます。

しかし、この条件を見てもわかる通り、不貞行為はその対象を「性行為」のみに限定しています。

つまり、手をつないだり、抱き合ったり、キスをすること、または性行為の類似行為などは不貞行為としては一切認められないということです。

不貞行為のリスクヘッジのために流行する「キス友」

キス友

不貞行為によって受けるリスクを回避するため、主に既婚男性や既婚者同士の不倫(W不倫)を中心に増え続けているのが「キス友」と呼ばれる新たな浮気の形です。

キス友とは、従来の不倫関係とは違い、セックスは行いません。

その代わり、お互いの性的欲求を満たすために用いられるのが「キス」。もちろん、場合によってはセックスまでいたることもありますが、通常の不倫よりもその回数は遥かに少なく、キスをメインにしたボディタッチのみで関係を持続させます。

この様な行為は、別名「プチ不倫」とも言われており、非日常的なときめきを求める既婚者の間で近年流行の兆しを見せています。

キスだけを証拠に離婚はできない?

離婚裁判

キス、もしくは手を繋ぐ、もしくはハグをするだけでは不貞行為を証明できません。

しかし、その変わり別の方法で離婚、もしくは慰謝料の請求が行えるので、キスの証拠は決して無駄にはなりません。

例えば、民法770条では不貞行為以外にも「その他の重大な離婚事由」によって離婚を成立させる事ができます。

これは、婚姻関係を継続できなくなった様々な原因をカバーするためのものなので、当然「キスによって受けた精神的損害を受けたため、婚姻生活を維持できなくなった」という理由で離婚することも可能です。

また、キスによって受けた精神的損害があまりにも大きい場合(精神疾患をわずらうなど)不貞行為ほどの金額にはならないまでも、慰謝料請求をすることができます。

ただし、いずれにせよキスをしていたという「証拠」は必要不可欠です。

特に慰謝料請求をする時には、相手側から「証拠はあるのか!?」と迫られやすいので、事前にキスが行われていた証拠だけでも手に入れておきましょう。

証拠の入手方法としては、やはり探偵に依頼して映像証拠を手に入れるのが確実です。

キスの裏には必ず不貞行為が…

キスは不貞行為ではない

もしも手元にキスの証拠があり、相手が「キスしかしていないから浮気ではない!」と言い張ったとしても、素直に信じてはいけません。

なぜなら、本来「キス友」とは、不貞行為という法律の隙間を縫うための狡猾な行為。そんなことをする人間は自己保身に走りやすく頭も回るので、素直に真実を言うとは考えられないからです。

もしも、こちらの手元にキスの証拠しか無いことを相手が見越していれば、たとえ性行為をしていたとしても「キスしかしていない」「キス友だった」と言い切られて、それ以上の事を証明する手立てはこちらにありません。

また、仮にその一人は本当にキス友だったとしても、他にも何人の浮気相手がいるのか解りませんし、その中には不貞行為を伴った相手がいても不思議ではありません。

さらに実際の裁判においては、例えラブホテルに入る映像証拠が提出されたとしても、相手側が「ラブホテルには休憩に入っただけ、性行為はしていない」と必死に言い訳をしてくるのが当たり前です。

なにせ、もしも不貞行為が認められたら、慰謝料や養育費に財産分与など、かなり大きな損失を被りますから、相手側は被害を少なくしようと、なりふり構わず反撃に出てきます。

だからこそ、もしも相手が「キスしかしていない」と言っても油断せず、念入りに調査をすることが大切です。キスの証拠が出たなら、必ずそれ以外もあるはず。早期段階で探偵社に相談して徹底的に浮気の事実を暴いてやることです。

浮気の候補日に即日対応できる探偵社を最安値でみつける一番簡単な方法は、こちらの記事が参考になるでしょう。
 関連記事 3クリックで100社の中から最適な探偵社を見つける方法

おっと、実際の相談前に読んでおくとよい記事はこちらです。
元探偵が教える浮気調査費用の削減4つのコツ。相談前に必見!

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。


不安な探偵選びはコンシェルジュに相談を。