手汗でネイルサロンを諦めない!5つの対策でクリアせよ

手汗コンプレックスでもネイルしたい

「ネイルはとっても興味があるし、やってみたい!」

「でも手汗が恥ずかしくってネイルサロンに行けないよ…」

そんな思いを抱えたまま、ネイルデビューを先送りしていませんか?

手汗を理由にネイルを諦めてしまうなんてもったいない!

この記事では、手汗コンプレックスを持つ人がネイルサロンを利用する時に気をつけると良いポイントを綴ります。

Sponsord Links

ネイルサロンでかく手汗は精神性発汗であることが多い

ネイルサロンでかく手汗

汗をかくといっても、全身に汗をかく場合と、辛い物を食べた時みたいに鼻や額だけにかく場合と、手汗だけが気になる場合とがあります。

このうち手汗だけが際立って多い場合は、「精神性発汗」ではないかといわれています。

精神性発汗というのは、緊張したり興奮したりすることで交感神経が過敏に反応し、手や足の裏だけに汗をかくタイプの発汗。

発汗自体は自然な反応なのですが、

「汗をかいて恥ずかしい」
「汗かきと思われたくない」

といった精神的要因が強く働くことで、「汗をかいて不快に思われてしまうのでは?」とさらに緊張を強めてしまい⇒余計に汗をかくという悪循環に陥ってしまいます。

手汗女子がみんなネイルをあきらめているわけじゃない。

そういう意味でいえば、ネイルサロンはまさしく「汗をかいてしまったら恥ずかしい」という緊張がマックス状態になりがちな場所。

汗をかいてしまうのも無理からぬことなんですね。

でも、手汗に悩んでる方が皆さんネイルをあきらめているかというと、そういうわけではないみたいです。

編集部では、手汗の多い方がどうやってネイルを楽しんでいるのかをヒアリング調査してみました。

手汗女子はネイルサロンの方へ手汗対策をお願いしていることも

ネイルサロンスタッフの手汗対策

ネイルをしにくる手汗女子も案外多いようで、サロンの方も別になんとも思ってないみたいです。

手汗女子サイドからは、こういう意見が聞けました。

【手汗女子がネイルサロンでしてること】

  • 汗かきだということをオーバーに伝えている
  • 信頼できるネイリストを選んでやってもらっている
  • こまめに冷たいタオルやアイスノンを交換してもらう
  • 水分に強い「カルジェル」でネイルを施術してもらう

ネイルサロンでは通常「バイオジェル」というジェルネイルが使われています。

カルジェルは自宅で専用のUVトップコートを塗りなおす必要がありますが、長持ちするうえ、水に強く、手汗が気になる方にはおすすめです。ネイルサロンに確認してみましょう。

「私、手汗がすっごいんです…」と伝えられるとベスト。

やはり、ネイリストさんとの相性や信頼度は、精神的発汗タイプの手汗さんには、とても影響が大きいみたいですね。

最初に自分から「手汗かきなんです!」と言える場合には、オーバーに伝えておくのは効果的ですね。

自己開示することも、手汗女子がネイルを楽しむための1つのコツかもしれません。

では、ここからは自分でできる5つの対策をあげていきましょう。

手汗を気にせずネイル施術を受けるための5つの対策

1.手汗を抑える効果があるツボを押す

手汗の制汗効果のある「労宮」「合谷」のツボを押してみる。

「労宮」「合谷」の詳しい位置・押し方の注意点はこちらの記事にあります。

ツボ押しの注意は、力を入れ過ぎないこと!軽く痛みを感じる程良い強さで押すことが効果を高めます。

Sponsord Links

2.くすり指以外の爪の生え際をマッサージしてからネイル施術を受ける

ネイルマッサージ

これは、ネイルショップの方がおすすめしていた方法です。ただし、薬指は副交感神経の活動を弱めてしまうのでやらないこと!

マッサージしながらゆっくりと深い呼吸をして、リラックスしてからネイルを受けてみてくださいね。

3.ピンポイントで制汗剤を使う

制汗剤にもいろんな種類があります。基本的に制汗剤は、汗腺を塞いで汗の量を少なくします。

そのため、制汗剤を使用した後は、指定された時間(例えば、夜寝る前に塗布したら朝)にしっかりと手を洗い、制汗剤を洗い流すことが大切!

これを守らないと肌荒れの原因になることも。

ネイル前日の夜や、当日に制汗剤を上手に使ってみて下さい。

こちらの記事で日本一売れているおすすめの制汗剤を紹介しています。

4.吸湿性の高い手袋の爪の部分だけを切ってネイルをする時にはめる

コットン手袋で手汗を予防

これもネイリストさんが考えたアイディアです。いいアイディアだと思いませんか?

コットンで薄手の手袋で試してみてもいいかも知れません。

5.ネイル前に水分や熱い食べ物を摂りすぎない

NGです

代謝が活発な状態は、そもそも汗をかきやすい状態です。また急いでネイルサロンに駆け込むのもNG。

ネイルサロンに行く前に水分を飲み過ぎたり、代謝を上げる食べ物や飲み物を取ることは避けた方が余計な手汗を避けるのには効果的です。

精神的に図太くタフになる

過剰な手汗は「精神性発汗」によるものといわれています。

手汗でネイルサロンに行けないだけなら、今まで紹介した方法を試してみるだけでいいと思います。

でも、他にも手汗で悩みがあるなら、緊張しすぎないよう気持ちの切り替えができるしなやかさを持つことが大切です。

汗は、誰でもかくもので、不潔でも恥ずかしいものでもありません。自分の楽しみを勝ち取る場所と開き直って、ネイルサロンにいざ。

この記事を読んだあなたにはこちらの記事もおすすめです。

さいごに

ネイルサロンへいざ!

ネイルサロンは手汗が気になる場所No.1かもしれません。でも、意外と施術するネイリストの方は気にしていなかったりします。

ネイルはおしゃれの幅を広げてくれる素敵なアイテムです。

諦めてしまう前に、この記事でご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

Sponsord Links