辞めたいけど切り出せない。でもこのままいたら潰れそう。どうにか円満退社する方法は…? 〉〉

やる気が出ない苦手な仕事を最後までやり終える3つの方法

やる気が出ない苦手な仕事も怖くない

やる気が出ないけれど、どうしても避けては通れず、やらなければならない事ってありますよね。

たいていは仕事に関すること事だと思います。

例えば

  • 資料をつくる。
  • 資料を読む。
  • 勉強をする。
  • 本を読む。。。。など

気が重く、なかなかやる気が出ない。

出来ればやりたくないと思った時、

貴女はどうしていますか?

Sponsord Links

やる気が出ない時は階段を少しずつのぼる

少しずつ階段を上るように

人は終わりの見えない事に対して、モチベーションを維持することが難しいと言われています。

  • 何百枚にもおよぶ資料を作る。
  • 数百ページもある分厚い本を読む。
  • 苦手な語学の勉強をする。 など…

「一気に片付けよう、終わらせよう」と思っても、
それがどのくらいの時間を要するのか想像がつかないと、人はやる気が出ないものです。

そして、だんだん気が重くなりますよね。

苦手な事をやらなければならない時はなおさらです。

そんな時、貴女はどうしていますか?

やる気が出ない時のオススメの方法は、「区切ること」です。

「ココまで終わらせよう」と目標を決めて、まずはそこまで終わらせます。

「資料を5枚作ろう」「本を30ページ読もう」「2課分勉強しよう」という具合です。

これを毎日コツコツ積み重ねていくことで、着実にゴールに近づく事が出来ます。

高層マンション

少しイメージしてみて下さい。

貴女は高層マンションの50階に住んでいます。

あるときエレベーターが止まってしまいました。

階段を使い50階の自宅に帰らなければなりません。

出来れば階段は使いたくないけれど、家には帰らなければなりません。

この時、最初から50階を見たままのぼり始めると、気が遠くなってしまいます。

しかし、「まずは10階まで頑張ろう」。「次は20階までのぼろう」。「そして30階を目指そう」。

こうして40階までくれば、50階はもうすぐです。

やる気が出ない苦手な仕事をやる時もこれと同じです。

段階を小さく分けて、少しずつ終わらせればゴールに一歩ずつ確実に近づく事が出来るでしょう。

やる気が出ない時には宣言してみよう

周囲に宣言してみよう

人は自分が発言した事に対しては「約束を守ろう」という義務感が生まれるそうです。

特に日本人は真面目で、誠実なので、「自分の言葉に責任を持たなければならない」と思うのだそうです。

そんな誠実な気持ちを利用して、やる気が出ない時は誰かに宣言してみましょう。

「○日までに、○○を終わらせます」

家族、友人などでも良いですし、SNSを利用して宣言するのも良いでしょう。

すると、「あの件終わった?」「無事に進んでいる?」と声を掛けてくれる人が現れるかもしれません。

そんな時、やる気が出ないからといって宣言したことが守られていなかったら、貴女はどんな気持ちになりますか?

恥ずかしい気持ちを感じるならば、この方法はきっと有効です。

貴女の真面目で誠実な気持ちを上手に使い、苦手な事を最後までやり終えてしまいましょう。


Sponsord Links

やる気が出ない時はお気に入りの場所を味方にする

お気に入りの場所で仕事に手をつける

苦手な仕事に取り掛かる時、貴女はどんな気持ちですか?

ため息をしているかもしれません。気が重い事もあるでしょう。

大抵の人は、モチベーション低めですよね。

そんな時にオススメなのは、“お気に入りの場所”に行くことです。

「ココに居ると落ち着く」「ホッとする」という場所を思い出して下さい。

  • お気に入りのカフェ
  • 図書館
  • 自宅のベランダ
  • 近くの公園・・・・ 人により様々だと思います。

貴女の気持ちの良いお気に入りの場所なので、精神状態は落ち着いているはずです。

その精神状態が良い状態で、苦手な仕事に取り掛かれば、多少やる気の出ない事と心地よい気持ちが引っ張り合っても
大きくやる気が出ない事柄に引っ張られてしまう事は少ないのではないでしょうか?

それに時間も区切られます。

例えばカフェの場合。

その場所に半日も一日も居座る事はあまりありませんよね。お店の方にも迷惑ですので長時間は居られないと思います。

人が効率良く集中力を保てる時間は45~50分程と言われていますので、

50分集中し、ちょっと休憩、その後また50分苦手な仕事を行えば、

ここまでで約2時間です。

2時間という時間は、区切りをつけて立てた目標まで進める時間ではないでしょうか。

もし終わらなければ、効率が落ちてお気に入りの場所が苦痛に変わる前に、次の場所に移動することをオススメします。

会社のデスクより、お気に入りの場所でやる気が出ないちょっと苦手な仕事を行えば、最後まで終われそうな気がしませんか?

もしまだお気に入りの場所がないという方は、ぜひお気に入りの場所を見つけてみて下さい。

その日の気分で使い分けられるくらい見つけておくと楽しいですよ♪

あなたにはこちらの記事もおすすめです。
>>モチベーションアップの秘訣。人はゴールが見えれば頑張れる!

まとめ

やる気が出ない苦手な仕事を最後までやり終える3つの方法

  1. いきなり大きな目標を目指すのではなく、分割して小さな目標を一つずつ終えていく。
  2. 宣言をして「約束は守らなくてはならない」という良心を刺激し、利用する。
  3. お気に入りの場所で精神状態を良く保ち、苦手な仕事の苦痛を軽減させる。

苦手な仕事はやる気が出ないだけでなく、ストレスに感じてしまいやすいものです。

ストレス軽減に今回ご紹介した3つの方法を利用してみて下さい。

やる気が出ない苦手な仕事を最後までやり終えて、“ストレス”を“達成感”に変えましょう。

貴女の今日がほんの少しストレスフリーに近づく事を願って。

ストレスに負けない!ガマンしない!自分らしく輝きたいと頑張る貴女を応援します。

Sponsord Links