「結婚なんてしたくない!」の裏にある「結婚したい」気持ちの正体

結婚したい気持ちに気づいた女性

結婚が晩婚化している大きな理由の1つに「女性の社会進出」が挙げられます。

「社会進出」それ自体は日本経済への影響面、女性の活躍の場の拡大という側面からも好ましいことだと言えます。

しかし、社会進出している当の本人の気持ちは少しばかり複雑です。

気がつけば友人や同僚が一人また一人と結婚をしていき、そのうちママになったと噂を耳にする。

そのたびに、「子供は欲しいな~。もう30代だし早めに出産はしたいよな…」という気持ちが芽生えます。

「う~ん。やっぱり結婚したい!」

その瞬間はちょっと焦りを感じ、結婚を意識したとしても、明日の仕事の準備・女子会の予約・夏の旅行準備と仕事やプライベートの予定に追われ忘れていってしまう。

そんなふうに、そこそこ充実している日々を過ごしていると、「やっぱり自由がいい!だから結婚したくない!」と思えてくる。

でも、ふと物足りなさも感じている働くあなた。

ここらでちょっと立ち止まって「自分のありたい姿」を想像して、あなたによるあなただけの「ライフプラン」を考えてみませんか?

Sponsord Links

1.「結婚したいけど、まだ大丈夫!」…ってその根拠はなに?

理由が分からない女性

「結婚したい」と思う年齢が上がっている事実

世間ではアラサー独女が急増していることはあなたもご存知かもしれませんね。

漠然と「まだ大丈夫!最近は適齢期が遅くなっているわけだし…」「私だけじゃないし…」と自分を励ましつつ(ごまかしつつ)、「いつかいい人が現れたら考えよう…」とボヤっと頭の片隅で考えている。

自分のキャリアアップを優先して働いてきたキャリア女子の方も、またそんなにキャリアを意識しているわけじゃなくても、特に変化もなく働いていてた方、あるいは出会いはあったけど続かなかった方や、出会いがないまま30歳を過ぎてしまった方もおられるでしょう。

「結婚したい!」と思う年齢の平均はこのくらいだそうです。

年々晩婚化が進む中、「結婚したいと思う年齢」も上昇傾向にあり、男性は30.4歳、女性は28.4歳 という結果が出ています。

出典:独身女性に共通? 30代になったら恋愛観が変わった【前編】|ウーマンエキサイト コラム

「まだ結婚したくない」を生み出す集団心理

集団心理の1つに「同調現象」というものがあります。それは、周りの人と同じ行動をとっていると安心してしまうことです。あなたも無意識に、結婚に対して鈍感になっているかもしれませんね。

でも、そのままでは、いざ「結婚したい!」と思った時にそれは簡単には実現できない事態になります。自分がその気持ちになった時に、急に理想の彼が現れるなんてことは現実にはほとんど起こり得ないことなのです。

 年々晩婚化が進むデータだけをとらえて、「私だけじゃない♪」という安心感にあぐらをかいていては、自分の人生を自分で設計できなくなってしまいます。

つまり、結婚後の「ありたい自分の生活」を夢見ることも、実現することもかなわない状態にしてしまうことになります。

2.働くアラサー女性が結婚を急がない3つのポイント?!

結婚を急がない30代女性

 その1.仕事観

  • 仕事でキャリアップを目指せる
  • あなた自身の貢献感や優越感がやりがいにつながっている
  • そこが自分の居場所と思える

「この仕事こそ私の最高のステージ」とは言わないまでも、仕事を通して「私」を認められたい!私の「居場所」を確保しておきたいという人としての自然な感情もあります。

Sponsord Links

その2.経済的な理由

  • 自分の収入が安定していて、1人でも生活ができる安心感
  • 退職後に経済的基盤が不安定になることに対して「失う」恐怖心
  • 結婚しても男性だけの収入では生活ができないと考えている

その3.価値観の変化

  • 自分だけの自由な時間の確保をしたい
  • 結婚や出産後に社会や男性と協力しながら育児をすることが難しい現状を考えている
  • 出産後に女性の負担が増え、仕事との両立ができないと考えてしまう

女性が結婚や育児を意識した時に、「私だけが犠牲になる」という事態は避けたいと考えます。頭の中で自然に計算し、自分が犠牲?= 結婚したくない…。

結婚生活が自分の望み通りになるなら、「ぜひ!結婚したい」と思うようになるでしょう。

すると必然的に、相手に対して同等な立場になることを要求し、年収・見た目・年齢などの他に「料理ができる人」+「子供が好きな人」+「思いやりがある人」+「理解がある人」+「優しい人」…とどんどんハードルを上げてしまうことになりかねません。

3.「結婚したい!」そんな結婚願望は突然やってくる?!

結婚願望の強い女性

女性が婚活を始める年齢とは

近年の晩婚化を裏付けるような、以下のようなデータがあります。

結婚相談所に入会している方の年齢層
1位 30代 後半
2位 40代 前半
3位 30代 前半

出典:日本結婚相談所連盟

また、結婚相談所の登録者数では以下のようなデータが。

2013年の全国の結婚相談所の男女比は、男性36%、女性が64%です。
その結果どうなってくるかというと、案の定、女性があぶれています。

出典:30代の婚活は女性余り? : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

女性は年齢を意識し始めると、将来(老後)に不安を感じ、同時にさみしい感情に襲われます。さらに、身内やまわりの人が心配し始めることで、「婚活」という行動を起こす傾向があります。

誰かに言われて行動できたとしたら、自分のどこかで「結婚」を意識し必要性を感じているからです。

結婚したくないのは、未知なものが怖いから

結婚できず悩む女性

人は「目的」を持つことで、具体的な行動ができると言います。

「結婚したくない」の裏には、「いまさらできないんじゃないか?」とか「結婚すると働けないんじゃないか?」などの心配があるだけで、実は「結婚したい」「結婚してもいいかな~」という気持ちに無意識にフタをしていませんか?

新たな行動を起こそうとしたときに感じる億劫さは、実は「不安」な気持ちが眠っているからかもしれません。

それは、現状維持バイアスというもので、未知なもの未体験なものを受け入れたくないという心理作用です。

これは誰もが持っているもので、決して恥ずかしいものではありません。

人はこういった「無意識の感情」で自分を守ろうとするものですが、あなたがその眠っている気持ちに気づいてあげることで、自分が「こうありたい!」ということに対してまっすぐに進むことができます。

その現状に気づき、いざ行動しようと思ったら…

さっそく、何がしたいのかを視覚化しましょう!手帳に婚活ページを作り書き出します。

どう生きたいのか、どう楽しみたいのか、そしてそのためにどう行動すればいいのかを考えてみます。

ここで注意すべきことは以下の3点です(*^_^*)

  1. 現実を見すぎて妥協し過ぎない
  2. 子供が欲しいからと安易に結婚を考えない
  3. 自分の幸せを考える

結婚相談所以外にも婚活のやり方はいくつもあります。関連記事はこちら。

この夏は、自分の気持ちを開き、新たな人生の1ページを開きましょう!

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願っています。

Sponsord Links