旦那の浮気で泣き寝入りなんて絶対しないでね!!   〉〉

肯定感が大切。不倫の恋が幸せになれない3つの理由

振り向かせたい相手

最近、不倫に対して世間の風当たりが厳しくなってきていますが、それでも不倫の恋に悩む女性は絶えません。なぜ不倫がいけないのか、「なぜ不倫の恋愛では幸せになれないのか」その理由をお話しします。

今日は「妻がいる男性を好きになってしまった」不倫のケースについてのお話です。

Sponsord Links

不倫の恋が幸せになれない理由1:安定した愛情交換ができない

愛情交換

恋愛というのは本来、

お相手に愛情を注ぐ。

お相手からも愛情を注がれる。

安定した関係が築かれる。

というものです。

ところが不倫関係の場合は、「他の女性がいる」ことが前提になった恋愛のため、常に気を遣う関係になってしまいます。

愛情を注ぎたくても、「(不倫なのに)ここまでやると迷惑かな」と思ったり、

愛情を注がれたくても、「(不倫だから)奥さんがいるから仕方ないな」と思ったり、

安定した愛情交換ができないのが不倫関係です。

もちろん不倫ではない恋人同士でも多少の礼儀は必要です。

ただその礼儀の範囲が「不倫であること(奥様の存在)」に強く影響されていないか、今一度確認してみてください。

思う存分愛情を注ぎあえるのが幸せな恋愛の基本なのです。

不倫の恋が幸せになれない理由2:相手の愛を信じられなくなる

相手の愛を信じられない

恋愛ではお相手の愛情に安心できるからこそ、女性もお相手の前でのびのびと振る舞うことができ、よりお二人の関係が親密になってゆきます。

あなたがお相手の愛情を信じることができれば、自然とお相手の愛情やおもいやりを感じることができると思います。

でも、多くの不倫関係では「なんだかんだいっても奥さんが優先されている」というお気持ちで、お相手の愛情に不安を持ってしまう女性が多いのではないでしょうか。

あなたがお相手の愛情を信じることができないでいると、不安が大きくなってしまうのは当然です。

その不安を埋めるためにお相手に無理難題を押し付けてしまい、お相手が冷めてしまうというケースもあるのではないでしょうか。

不倫の恋が幸せになれない理由3:自分の輝きが失われてしまう

不倫の恋

また恋愛の醍醐味というのは、相手に肯定されることで自らも成長し輝いていくことです。

不倫関係でもお相手に圧倒的に愛され、肯定されている感覚を味わうことができればこの点は満たされることになります。

しかし、不倫関係の中にいると気付きにくいのですが、「他に優先する女性がいる」と常に思わされるということは、婉曲に「あなたは他の人より下の位置にいる」と思わされているということです。

もちろん不倫は奥様がいるのは納得の上での関係ですし、「不倫だから」と初めから結婚までは望んでいない恋愛の場合もあると思います。

でも、そのことと「いつも他の女性より扱いが低い」と感じ続けるというのはまた別のことなのです。

その痛みを正面から受け止めないために、心は何か理由をみつけようとします。

そして多くの場合、恋愛でつらいことがあったときに

「私にもっと魅力があれば彼も変わったんだろうけど」とか

「私が自分に自信があれば、もう少し強く出れたのかもしれないけど」というように、

不倫だからではなく、ご自身に欠点があるから、この結果になったという理由をみつけがちです。

そうなるとご自身に自信がなくなり、輝きはどんどん消えていってしまいます。

これが不倫の恋愛が幸せになれない一番の理由です。

不倫では長く付き合えば長く付き合うほど、精神的屈折を強いられるケースが非常に多いからです。

まとめ:あなたを輝かせてくれるのが幸せな恋愛です。

幸せな恋愛

どんな欠点を持った女性でも、愛されて肯定されていれば、どんどん輝いてくるものです。

あなたを愛し、安心させ、いつもあなたのサポートをした上で、あなたからのサポートも快く受け止めてくれる男性と恋をしてください。

その条件を満たした上での不倫なのであれば、私も否定はしません。

あなたを傷つけない男性はかならず存在しますし、あなたが望めばかならず出会えます。

あなたのお幸せを心から応援しています。

愛を込めて

ラブ モチベーショナリスト 天野里江子

Sponsord Links