産後の体形はいつ戻る?太る原因3つ・痩せる対策【全まとめ】

産後の体型はいつ戻る?

産後体重が落ちない、体重は戻ったけど、体形が戻らない…一体いつになったら戻るの?

あなただけでなく、そんな悩みを抱えているママがたくさんいるのではないでしょうか?

体重も体形も勝手に元通りに戻る人もいれば、なかなか戻らない人もいます。

私は二度出産していますが、一人目産後は体重も体形も戻らず、二人目の方がスムーズでした。
産後の体形がいつ戻るのか不安な気持ちを抱えているあなたにお話しします。

Sponsord Links

産後に体形が戻らない原因3つ

そもそも産後なぜ体重や体形が戻らないのか、3つの原因を以下にご説明します。

1.骨盤の歪み

骨盤の歪み

妊娠期間中は「リラキシン」というホルモンが大量に分泌されます。

このホルモンは靭帯を緩め、骨盤を開く働きをします。出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくするために分泌されるものなので、自然なことです。

ですが、このホルモンが分泌され骨盤が開くことにより、産後も骨盤はまだ開いたままになっています。その結果、体型が元に戻らないのです。

骨盤の歪みは体形が戻らないという美容面だけではなく、健康面でもよくありません。

2.食べる量の増加

クッキー

産後のストレス

産後あなたを待っているのは24時間フル回転の赤ちゃんのお世話です。我が子は目に入れても痛くないほど可愛いものですが、「眠たい…」「疲れた…」そう思うのも事実でしょう。

その結果、食べることでストレスを解消しようとするママが多いようです。

一人目の産後は私もそうでした。とにかく食べてストレスや不安な気持ちを紛らわしていました。

食べられなかった産前の反動

また出産直前は赤ちゃんの重みで圧迫されてなかなか食べられないという人もいますが、産後はそれが解消されるので嬉しくなってついつい食べてしまいがちです。

食べるのは結構ですが、根菜類などを中心とした栄養のバランスを考慮した食事をしっかり食べましょう。

3.運動不足

産後の体型

妊娠期間中の「ゆっくり無理せず安静に」。この意識が産後も続いてしまいがちです。

また赤ちゃんのお世話は目が回るほど忙しいのですが、基本的にすべて家の中での出来事。産後は家にこもることが多くなるので、どうしても運動量が減ります。

それに加えて上記でご説明した、骨盤が歪んだ状態で過剰に食べ、運動もしない。これだと体重も減らないし、体形も崩れる。オバサン体形まっしぐらです。


Sponsord Links

産後に体重・体形を戻す3つの要素

産後の体重、体形を戻すために、効果があること3つをご紹介します。

これら3つはできれば産後半年以内に行えば体形が戻る効果がより高く得られます。

1.母乳育児

母乳

母乳での授乳は驚くほどのカロリーを消費します。完全母乳のママであればなおさらです。食べても体重が増えない、もしくは減る。夢のような期間なのです。

質のいい母乳のためにしっかり食べることは重要ですが、お菓子の食べ過ぎはよくありません。洋菓子よりは和菓子、間食はふかした芋などがいいですね。

授乳するといくら食べてもお腹が減るので、私は一人目の産後この時期に調子にのっていつまでも食べ過ぎてしまい、卒乳後もその勢いのまま食べるので体重がなかなか戻らず、むしろ増えました。

二人目出産後は授乳期間中から食べる量を考え、お菓子は控えめにすることを心がけたので卒乳後も体重が増えることはありませんでした。

2.骨盤矯正

骨盤の歪みは体形の変化をもたらします。体形を戻すことを意識するのであれば、まずは骨盤ベルトがお勧めです。産院と相談しながら産後すぐにでも始めるといいでしょう。

また骨盤の歪みを直す一番の近道は専門機関で骨盤を矯正するのが一番でしょう。自宅で骨盤の歪みに効果のあるストレッチをするのもいいですね。

3.適度な運動

ベビーカーを押すママ

産後は目の回るような忙しさなので、運動する時間をわざわざ作るのは難しいかもしれません。ですが、できることから少しでも運動することが大切です。体重を減らすのにも体形戻しにも効果的です。

おすすめの運動は定番ですが、赤ちゃんとのお散歩ですね。
ベビーカーを押しながらの散歩は体に適度な負荷がかかりますし、外の空気を吸ってリフレッシュすることは母子両方にとっていい気分転換となるでしょう。

まとめ

産後ダイエットは焦らずに

以上、産後の体形がいつ戻るのか不安なあなたに向けて書きました。

骨盤の歪みを直し、②栄養のバランスに気を配り、③運動すること。これに尽きます。
産後半年以内にできればベストですが、それ以降でもゆっくり焦らずできることからやればいいのです。

「芸能人の◯◯さんは産後すぐにスタイルを元に戻した!すごい!」と過剰にメディアが称賛する風潮に個人的には違和感を覚えます。
芸能人は彼ら自身が商品なのであって、あなたがそうある必要はないと思うのです。

赤ちゃんの母親に求められることは、絶えず赤ちゃんのお世話をすること。
睡眠時間を削ってのお世話はとにかく体力勝負で、過剰なまでのスリム体形ではこなせないかもしれません。

「スリムになりたい」「痩せたい」そう願うのは自然な欲求ですが、過剰なダイエットではなく筋力をつけて引き締めて体形を整えるのが理想ではないでしょうか。私はそうなりたいと思っています。健康的で美しい女性でいつまでもありたいものですね。

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。

Sponsord Links