美容に欠かせないビタミンACEからプラセンタやヒアルロン酸まで!「飲む美容液」とまでいわれるウワサの【極美】日焼け止めサプリとは ? 〉〉

今日これ買って帰ろう!シミを予防する食べ物4選

シミを防ぐ食べ物を買って帰ろう

シミを予防したいけれど、毎日のスキンケアだけで本当に大丈夫?と不安なあなた。

肌の内側には「潜在シミ」というものがあり、加齢によってそのシミがだんだん表に出てくるという情報をテレビや雑誌で目にしたことがあるかもしれません。シミ予防をするなら、外側からだけでなく内側からのケアもしておきたいですよね。

そこで今回の記事では、シミを予防してくれる食べ物をご紹介します。

シミを予防する食べ物4つ+α

シミを予防する栄養素といえば、ビタミンC・ビタミンB2・リコピン・アスタキサンチン・L-システイン、ビタミンEです。

これらの栄養素は、メラニンの生成を抑えたり、活性酸素を抑制・除去したり、ターンオーバーを促すもので、どれもシミ予防に大変効果的です。

さっそく、これらの成分が多く含まれて日頃も摂りやすい食べ物をご紹介していきましょう。

1.バナナ

バナナ

安価でどこのスーパーにでも置いてある果物です。忙しい朝でも、皮を剥くだけで簡単に1本食べられます。果物の中でも断トツでビタミンB2が多く含まれています。他にも、体内でL-システインをつくるために必要な「メチオニン」も含まれているので、シミ予防にはバナナが欠かせません。

2.豚肉

豚肉

豚肉は、L-システインを体内で作るために必要な「メチオニン」やビタミンEが多く含まれているので、シミ予防におすすめのお肉です。基本的にどの部位でも豊富な栄養素が含まれており、家庭料理にも取り入れやすいところが良い点です。しいて言うなら、バラ肉などの脂分が多い部位は避けた方が健康には良いでしょう。

3.ミニトマト

ミニトマト

トマトといえば「リコピン」が有名ですよね。しかし、トマトよりミニトマトの方がリコピンの含有量が多いことはご存知でしたか?

さらにビタミンCやビタミンB2もミニトマトの方が多いのです。シミ予防をするなら、少量だと小さく食べやすい、大量だと料理にまとめて使える、ミニトマトをおすすめします。

4.鮭

サーモン

魚の中でも気軽に買うことができる鮭。鮭やイクラのオレンジ色……あの色の正体は「アスタキサンチン」です。鮭やイクラにはアスタキサンチンが多く含まれているので、シミ予防におすすめの魚です。スーパーでは切り身が売られているので、焼くだけで食卓にも出しやすいのでおすすめです。

ミスユニバース日本代表の合宿で栄養士を務めるエリカ・アンギャルさんによると、合宿の食事では1日2回サーモンが出されるといいます。

著書『世界一の美女になるダイエット』をきっかけに、ミスユニバース製造機として一躍有名になった彼女が常に口にするセリフは、「美しくなりたい人は、サーモンを食べなさい!」です。

また、アスタキサンチンは美白用スキンケアにも使用されているようです。

鮭に多く含まれる「アスタキサンチン」は、欧米では肌を引き締める効果があると注目されている「抗酸化成分」です。その抗酸化パワーはビタミンEの500倍、ベータカロチンの40倍と言われ、松田聖子さんや小泉今日子さんのCMでおなじみの「アスタリフト」の主成分にもなっているそう♪

出典:http://medical.yahoo.co.jp

5.緑茶(おまけ)

緑茶

緑茶には抗酸化作用があるうえ、たっぷりのビタミンCが入っておりシミ予防の飲み物として欠かせません。

緑茶のビタミンCは熱に強いので、塩素さえ無くせばビタミンCが破壊される可能性も減ります。水を一度しっかり沸騰させて冷まし、緑茶の葉を入れてください。手間はかかりますが、ご家庭のお茶を緑茶に変えてみることをおすすめします。


シミができてしまう!?要注意の食べ物・成分3つ

1.白砂糖

白砂糖

白砂糖の主成分は、グルコースとフルクトースが結合したもので、これを摂り過ぎると胃や腸に残り悪玉菌のエサとなってしまいます。

すると、増殖した悪玉菌を減らすために白血球が活性酸素を大量に発生させます。この活性酸素に対処するため「リポフスチン」という不要性色素が作られ、これがシミのもとになります。リポフスチンは「老化色素」などとも呼ばれ、メラニンより強い色素だといわれています。

2.保存料(リン)

今の時代、もはや完全に避けることは難しい保存料ですが、摂り過ぎには注意しましょう。加工食品や市販のお菓子を食べすぎて保存料(リン)を摂り過ぎると、シミやしわが増えてしまいます。現代でも、リンの過剰摂取が問題視されています。

3.カフェイン

コーヒー

コーヒーのポリフェノールには抗酸化作用があってシミ予防にも効果的……なはずが、カフェインには逆の効果があります。メラニン色素を拡散させて、シミを悪化させる・広がらせることがあります。

緑茶の場合、緑茶カテキンの抗酸化作用が強力なので、多量摂取でなければカフェインの影響は心配しなくても大丈夫でしょう。

シミを予防するためのコツ3つ

1.料理やお菓子に使う砂糖を変える

はちみつ

白砂糖をきび砂糖や黒砂糖、はちみつなどに変えてみましょう。入れる量も少し少なめにし、糖分の摂り過ぎに気をつけましょう。

はちみつを食生活に取り入れると、こんなにうれしい効果があります。
▶︎ストレス時代の救世主。はちみつの4大メリットはこれだ!

2.コーヒーはノンカフェインのものを

コーヒーにはシミ予防に効果的なポリフェノールが入っていますから、ノンカフェインでポリフェノールにこだわったコーヒーを選べば、毎朝のコーヒー習慣も安心して続けられますね。

3.ソラレンに注意

ソラレンの光毒性

ビタミンCなどのビタミン類が多く含まれる柑橘系や緑系の野菜に、同じく多く含まれるソラレンという成分があります。

ソラレンを摂取した後に日差しを浴びるとシミができやすくなります。ソラレンの持つ光毒性が、紫外線に過剰反応してしまうのです。摂取から2時間後がピークで、その後徐々に光毒性はなくなっていくので、ソラレンが含まれている食品を摂取する時間帯は夕方以降がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。シミ予防ができる食べ物は、意外にも身近な所にあります。スーパーで安価で買えるものだと、毎日続けやすいですよね。

シミ予防の基本は、様々な栄養素をバランス良く摂ることです。これを前提に、今回ご紹介した食品や注意点を意識して、食事を楽しみながら摂ってみましょう。

次にあなたが読むべきマスト記事はこちらです。
▶︎しみ・そばかすを消したい人必見!消す・隠す方法4選+α