美白サプリおすすめランキング【2020冬版】|美白成分の効果と副作用も解説!

美白サプリメントランキング

日焼け止めや保湿に気をつけているつもりでも、シミができてしまう…💧

シミ対策だけじゃなくデコルテも手も全部白くなりたい。。

もっと効率的なアプローチないのかな…

そんな美意識の高い人が行き着くのが、カラダの中から作用する美白サプメント

でも、美白サプリメントの選び方ってわかりにくいんですよね💦

なので、美白サプリ歴4年以上の私が情報をまとめてみました。

この記事が、美白をめざすあなたの参考になればうれしいです ( ᐛ )و

すぐにおすすめを知りたい方はこちら!
インナー美白歴4年半の筆者おすすめ
↓ 美白サプリランキング ↓

美白サプリメントの選び方

美白サプリの選び方

美白サプリを選ぶ際の基準は3つあります。

◎ 美白サプリ選びのポイント

  1. 美白成分で選ぶ
  2. 美容成分で選ぶ
  3. 続けやすい価格で選ぶ

美白成分っていう響き、ステキですよね♡

でも一体、どんないいことがあるんでしょうか?

美白成分には3つの効果がある

美白有効成分とは「メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ効果」が厚生労働省に認められた成分のことです。

そして、美白成分の主な働きは次の3つです。

◎ 美白成分の主な働き3つ

  1. 【予防】メラニンの生成を抑制
    (シミができるのを予防する)
  2. 【無色化】メラニン色素の還元
    (シミを無色化あるいは薄くする)
  3. 【排出】メラニンの排出を促進
    (ターンオーバーを促しシミを追い出す)

どれもシミ改善に直接作用する働きなんですね ꉂ(ˊᗜˋ*)

1.美白成分で選ぶ

美白成分で選ぶ

厚生労働省に認められた有効美白成分については、上で書いたとおりです。

市販されている美白サプリメントの配合成分には以下のようなものがあります。

どのように美白を目指すかによって、美白サプリに求める成分は変わってきます。

L-システイン【予防】【排出】

シミの元となるメラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを正常にしてメラニンの排出を促進します。

体内でビタミンCと連携して働くため、2つの成分を一緒に摂取すると美白により効果的です。

この成分を含む美白サプリ:
ホワイピュア

ビタミンC(アスコルビン酸)【無色化】

シミに効く成分の代表格。酸化した黒色メラニンを還元して無色化し、シミを薄くする効果が知られています。

体内にため込んでおくことができない水溶性ビタミンのため、こまめに摂取したい成分。

この成分を含む美白サプリ:
ホワイピュアリブランコートホワイトショット

プラセンタ【予防】【排出】

メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの活性を阻害する働きがあるため、メラニンの生成を抑えることができます。

また、新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促しシミを排出する働きがあります。

この成分を含む美白サプリ:
リブランコート

エラグ酸【予防】

プラセンタと同じく、メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの活性を阻害する働きがあるため、メラニンの生成を抑えることができます。

この成分を含む美白サプリ:
リブランコート

ビタミンB2【排出】

細胞の産生に関係するビタミン。肌が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)を促進することでメラニンの排出をサポートします。

この成分を含む美白サプリ:
ホワイピュア

ビタミンB6【排出】

たんぱく質の分解・合成を助けることで皮膚の新陳代謝を活発にし、ハリやツヤ、うるおいのある肌をキープします。

この成分を含む美白サプリ:
ホワイピュア

(*ビタミンB群は単独ではなく、組み合わせて摂ることで効果が実感しやすくなります。)

ビタミンE【予防】【抗酸化】

脂と一緒に摂ることで吸収率がUPする脂溶性ビタミンで、メラニン生成を抑制します。

強い抗酸化性作用があり、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

この成分を含む美白サプリ:
ホワイピュアリブランコートホワイトショット

フラバンジェノール【予防】【無色化】

ビタミンCの600倍ともいわれる驚異的な抗酸化力で直接的にメラニンの産生を抑制する効果があり、メラニンを薄くする働きもあります。

さらには、抗糖化作用をあわせ持つ有力なアンチエイジング素材として注目されています。

この成分を含む美白サプリ:
リブランコート

メロングリソディン【無色化】【抗酸化】

南フランス産の一般的な品種と比較して7〜8倍の抗酸化酵素を含む傷みにくいメロンから抽出した原料。

細胞核を覆うメラニンの塊を分解し、シミを薄くする働きがあります。

この成分を含む美白サプリ:
ホワイトショットインナーロック

2.美容成分で選ぶ

美容成分で選ぶ

美白サプリによっては、メインとなる美白成分のほかに、さまざまな美容成分を配合したものもあります。

セラミド【保湿】

肌の角質細胞の隙間を満たし、肌の水分保持をサポートします。肌内部の水分が蒸発するのを防ぐことで肌の保湿力を高めます。

この成分を含む美白サプリ:
リブランコート

ヒアルロン酸【保湿】

1グラムで6リットルもの水分を保つ、優れた保水力を持つ成分です。真皮に存在し、肌の保湿、ハリや弾力をサポートします。

この成分を含む美白サプリ:
リブランコート

ビタミンA【抗酸化】

脂溶性のビタミンの一種で、その抗酸化作用からアンチエイジングへの効果が期待できる栄養素です。

この成分を含む美白サプリ:
リブランコート

3.続けやすい価格で選ぶ

肌の生まれ変わりのサイクルは20代で約28日、30代で約40日、40代で約55日、50代で約75日といわれています。

ターンオーバー

したがって、効果を実感するにはまず2〜3ヶ月は続けることが必要になります。そのため、続けやすい価格というのも大切な要素だったりします。

*ランキングには各サプリを3ヶ月続けた場合の費用も記載しています。

以上を踏まえて、おすすめの美白サプリTOP3を発表します! ( ᐛ )و

美白サプリおすすめランキングTOP3|【2020年秋冬版】

ホワイピュア|シミ・そばかすに飲んで効く医薬品

ホワイピュア

ホワイピュアはこんなサプリ

✔︎ L-システイン、ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEとシミ対策の成分全部入れ。まさに美白サプリの王道といえる製品

✔︎ 厚生労働省によって効果効能が認められた第3類医薬品(サプリメントより期待度↑)。

✔︎ 効果効能としては次の諸症状の緩和:しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着。

✔︎ 大正6年創業の老舗製薬会社が製造を担当。

✔︎ 販売元全社員の7割が女性。ホワイピュアの開発担当チームは全員が女性。

✔︎ 自分たち自身が本当に欲しいものを作ろうと、薬剤師、栄養士、製薬会社と研究を重ねた結果がホワイピュア。

ホワイピュア商品情報

美白成分 L-システイン
ビタミンC
美容成分
通常価格 5,800円(税別)
初回キャンペーン価格 1,900円(税別・送料無料)
2回目以降価格 4,930円(税別・送料無料)
3ヶ月分コスト 12,936円(税込・送料無料)
継続義務回数 いつでも休止中止OK
その他 第3類医薬品(効果◎)

 

リブランコート|シミ・くすみケア+インナーUVケアも

リブランコート

リブランコートはこんなサプリ

✔︎ 美白コスメに配合されることで知られる抗酸化成分フラバンジェノールを限界配合。

✔︎ フラバンジェノールの魅力はビタミンCの600倍、コエンザイムQ10の250倍ともいわれる驚異的な抗酸化力(サビないパワー)!

✔︎ カラダの中から紫外線対策もできるので将来のシミリスクを強力にケア。

✔︎ 6種類のスーパーフード+ビタミンA・C・Eも配合贅沢な美容サプリ。

✔︎ セラミド、ヒアルロン酸も配合でカラダの内側から保湿ケアもおまかせ。

リブランコート商品情報

美白成分 フラバンジェノール
プラセンタ
ビタミンC・E
ザクロエラグ酸
美容成分 ヒアルロン酸、セラミド、
エラスチン、ビタミンA、
アサイー、アムラ
通常価格 7,900円(税別)
初回キャンペーン価格 1,975円(税別・送料無料)
2回目以降価格 4,740円(税別・送料無料)
3ヶ月分コスト 12,561円(税込・送料無料)
継続義務回数 いつでも休止中止OK
その他 アレルギー成分表示:オレンジ、りんご、豚肉

 

ホワイトショットインナーロック タブレットIXS|POLAから飲むホワイトショット

ホワイトショット

ホワイトショットインナーロックはこんなサプリ

✔︎ 豊富な研究実績をもつPOLAならではの唯一無二の独自成分を配合。

✔︎ ベイベリーバークSによる、メラノサイトの移動を促し分布を均一にすることでシミくすみを薄くするアライブクリア機能

✔︎ YACエキスによる、黄ぐすみの原因物質となるAGEs(加齢や紫外線の影響により、肌に蓄積される糖化産物)の除去機能

✔︎ ミクロブランノールEXによる、メラノサイト内で素早くチロシナーゼと結合し、メラニンの生成を抑制するメラニンロック機能

✔︎ メラニンキャップ(細胞核を覆うメラニンの塊)を分解するセルフクリア機能を高めるメロングリソディン配合

ホワイトショットインナーロック商品情報

美白成分 ベイベリーバークS(POLA独自)
YACエキス(POLA独自)
ミクロブランノールEX(POLA独自)
メロングリソディン
美容成分
通常価格 6,200円(税別)
初回キャンペーン価格 通常価格に同じ
2回目以降価格 通常価格に同じ
3ヶ月分コスト 20,088円
継続義務回数 とくになし
その他 アレルギー成分表示:小麦、もも

 
以上、美白サプリおすすめTOP3でした。

ここからは、美白サプリの副作用美白効果を高める方法についての解説です。

気になる方は下方へスクロールして続きをごらんください ᐠ( ᐛ )ᐟ

美白サプリに副作用はある?

結論からいうと、推奨量を守って使用する限りサプリメントには副作用の心配はまずないと考えてよいでしょう。

医薬品であるホワイピュアのみ、以下の注意書きがあります。

ホワイピュアは第3類医薬品で比較的副作用のリスクが低い医薬品となっておりますが、副作用として次の症状が現れる可能性があります。

発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘

服用後にこれらの症状が現れた際には服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

*医薬品には第1〜第3類まであり、副作用のリスクがもっとも低いのが第3類となります

また、いくつか知っておいた方が良い注意点を記載しておきます。

飲み合わせに注意

美白成分の1つ、トラネキサム酸には血液を固まりやすくする働きがあります。そのため、脳梗塞や心筋梗塞、コレステロール値が高い方、血栓症の疑いのある方は事前に医師に相談が必要です。

また、美白サプリを服用中に止血剤(風邪薬や歯科の処方薬に含まれることがある)の処方を受けた場合にも同様に、トラネキサム酸を内服していることを医師に申し出てください。

また、飲み合わせの関係からトラネキサム酸とピルの併用はできません。

(*この記事で紹介したサプリには含まれていません)

摂取量に注意

どんな薬、どんな成分にも、「適量」というものがあります。度を超えた過剰摂取による悪影響の可能性は否定できません。

L-システイン

たとえば、L-システイン配合の美白サプリを飲みはじめてから「白髪が増えた」という口コミをみかけることがあります。

L-システインのメラニンの排出を促す働きが毛髪のメラニン色素までも作用してしまい、結果的に白髪が増えたのでは?

…という憶測がそもそもの発端なのですが、1日240mgまでという基準を守っている限り、そうした心配はありません。

(1粒で500mgや1000mg入りなど極端な高含有品も流通していますが、そうでない限り大丈夫です)

1日分でL-システインが240mgなのはこちら

ビタミンC(アスコルビン酸)

美白サプリに含まれるビタミンCは水溶性ビタミンなので尿から排出されます。

そのため副作用の心配はまずないのですが、近年アメリカでは「19歳以上であれば1日2,000㎎以下」という上限摂取量が設定されています。

美白サプリの効果を高めるために

美白スキンケア

美白サプリの効果を高めるには日頃のスキンケアが大切です。

正しい日焼け止めを実践する

シミ最大の原因は紫外線。美白を目指すには1年を通じたUVケアが大切です。

日焼け止めの量が足りていないことも

「日焼け止めを塗ってるのに焼ける…」

そういうこと、よくありますよね💦

ただ、このケースは原因のほとんどが「十分な量の日焼け止めを使えていない」こと。顔全体で500円玉大のクリームが適切な量です。

日焼け止めはこまめな塗り直しを

日焼け止めは時間の経過とともに効果が低下します(SPF値による)。そのため、2〜3時間ごとの塗り直しが欠かせません。

とくに最近はマスクの擦れや蒸れで落ちやすいため、塗り直しは必須です。

こまめなケアに自信がない…という方には、美白+インナーUVケアもできるリブランコートがおすすめ。

季節や天気に関係なく紫外線対策を

紫外線は曇りでも雨の日にも降り注ぎ、ガラスを通過して室内にも届いています。

UVインデックス
出典:気象庁

また近年、ブルーライトでも日焼けをすることが知られてきました。

高保湿タイプの美白化粧水を使う

高保湿化粧水

普段のケアに美白化粧水を取り入れて、肌の表面からも美白をめざしましょう。

アイテムとしては次のような成分が配合されたものがおすすめです。

メラニンを抑制する美白有効成分

ビタミンC誘導体、4MSK、アルブチン など

乾燥によるくすみを防ぐ高保湿成分

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸 など

候補がたくさんあって迷ったときは

どの美白化粧品を選べば良いか迷ってしまったときは、医薬部外品・薬用などの記載があるアイテムがおすすめです。

定期的な角質ケアをしよう

角質ケア

角質とは皮膚の一番外側を覆っているもので、古くなった角質は剥がれていきます。

この角質ケアが大切な理由は2つ。

1.古い角質がたまった肌はスキンケア成分が浸透しづらい

しっかり保湿したつもりでも、なかなか肌がうるおわない…なんていう乾燥の原因は古い角質かもしれません。

2.古い角質がたまっていると肌が暗くくすんで見える

角質ケアすることで角層の代謝が上がれば、肌の生まれ変わりがスムーズになってくすみの解消につながります。

*ただし、肌への刺激が強いため角質ケアのやりすぎはNG。1〜2週間に1回程度がおすすめです。

さいごに

美白は1日にしてならず。
日々の積み重ねが3年後、5年後の肌の差にあらわれます。

こつこつと美習慣を続けていきたいですね。
私もがんばります!(๑•̀ •́)و✧