旦那の浮気で泣き寝入りなんて絶対しないでね!!   〉〉

携帯メールやLINEはNG?!不貞行為の証拠にならない理由とは

携帯メールやLINEは浮気の証拠にならない

もしもパートナーの浮気を疑ったら、あなたはどこから調査を始めますか?

恐らく多くの方は携帯電話の中身をなんとか覗き見ようと努力されるでしょう。

なにせ、現代の浮気事情は大部分が携帯電話に依存していますから、その中身さえ確認できれば、浮気に関する多くの情報を手に入れられます。

その中でも、特にLINEをはじめとするSNSは重要なチェックポイントです。近頃では、浮気相手との連絡はもとより、浮気相手を探すためにも利用できるので、なんとしてもLINEの中身を見たいと考えている方も多いはず。

しかし、もしも勝手にパートナーの携帯電話の中身を覗いてしまうと、不貞行為の証拠として認められないばかりか、あまりに度が過ぎると違法行為として反対に訴えられる可能性があります。

しかし、現実には多くの方がそのことを知らずに、パートナーの携帯電話の覗き見を続けています。

そこで、ここでは独自に浮気調査を行おうと思っている方のために、相手の携帯を調査することのリスクについて詳しく解説させて頂きますので、取り返しのつかない事になる前に是非一読しておくことをおすすめします。

不貞行為の証拠集めで勝手に携帯メールやLINEを見るのは違法行為? 

パートナーの携帯をチェックする妻

相手の携帯電話を勝手に操作し、LINEの中身を覗いた場合、違法行為として相手から訴えられる可能性があります。

もしも、相手の許可なく携帯電話を覗き見た場合、次の法律に該当する可能性があります。

プライバシーの侵害

携帯電話の中身を覗き見ると、私法における「プライバシーの侵害」に該当する可能性があります。

プライバシーの侵害とは、すなわち個人が所有する他人に見られたくない領域(プライバシー)を侵害される行為であり、これを理由にした慰謝料請求が認められています。

ただし、慰謝料の請求を行ったとしても、その額はせいぜい10万円未満となるので、損害賠償をされる確率としては極端に低いはずです。

携帯電話を奪う・盗みだしたデータでは不貞行為は証明できない?

携帯を覗き見する

携帯電話を力ずくで奪い取ったり、データを盗み出した証拠は裁判では認められない可能性があります。

暴力を用いて携帯電話を無理やり奪い取る

相手の携帯電話を暴力を用いて無理やり奪い取ってしまっては、せっかく得た証拠も裁判では使い物になりません。

例えば過去の判例において、暴力によって夫から携帯電話を奪い取った妻が裁判を起こしたのち、携帯電話の中から出てきた浮気の証拠が認められなかったケースがありました。

この裁判では最終的に「人権を無視し、肉体的拘束や暴力など、明らかな反社会的行為によって得られた証拠はその能力を否定すべきである」という判決が下されています(東京地裁H18年6月30日)

相手の人権を侵害し、暴力によって証拠を引き出すことがいかに危険なのかは、自白の強要などによって生み出される冤罪事件を思い浮かべてもらえば判りやすいはず。民事は刑事ほど厳しくはありませんが、それでも証拠能力が無くなる場合があります。

データをそのままコピーする

旦那の携帯メールのデータをコピーする

LINEのメッセージやメールなどをデータごと盗み取った場合、その証拠能力を疑われ、最悪の場合証拠としての意味を失う可能性があります。

そもそも、メッセージは送信者と受信者の両者のプライベートな領域ですので、浮気調査の様な重要な目的であったとしても、覗き見ることは推奨できません。

さらに、携帯のデータごと盗みだすという行為が加わると罪が重くなります。

また、同時に浮気相手以外の人間との記録までも盗み出すと、もはや信書開封罪(手紙を盗み出す犯罪)と同等と見なされます。

過去の判例としては、メッセージを含む携帯電話のデータを全てコピーして浮気の証拠としたケースがありました。

この裁判において、裁判所は「個人の間で送受信されたメールは信書(手紙)と同じであり、相手の了承なくその内容を不正な手段で入手したことは重大な犯罪である。よって、原告側が提出した証拠は認められない」といった判決を下しています(東京地裁H21年12月26日)

つまり、携帯電話の中身を相手の承諾なく見ることは大変リスクが高く、裁判になった時には不貞行為を証明できない恐れがあるのです。

こうしたトラブルを防ぐためには、やはり携帯電話の中身だけにこだわらず、浮気調査のプロである探偵社に相談し、より多く、より確実な証拠を手に入れる必要があります。

携帯電話調査は警戒されやすい

不倫相手と連絡をとる

携帯メールやLINEのメッセージから得られる証拠は多いですが、その入手方法には常にリスクが伴います。

また、携帯電話の調査に専念してしまうとなれば、パートナーがあなたの動きに気がつくのは時間の問題です。なにせ、あなたは浮気調査のプロではありません。完璧に調査を遂行する技術はおろか、知識すら持ち合わせていないのですから、バレない可能性の方が低いでしょう。

そして感付かれたら最後、警戒した対象者は浮気調査を警戒し始め、浮気相手との接触を拒み出すでしょう。今以上に慎重になるか、しばらく連絡を断ってほとぼりをさます可能性も高いでしょう。

こうなったらもう後の祭り。探偵に依頼したとしてもまともな調査はできなくなります。

また、最悪の場合、警戒した対象者が探偵の存在に気が付いてしまうかもしれません。

ここまで来ると、いくら調査力の高い探偵社に頼もうと、もはや挽回は不可能。後はとにかく期間をあけて、対象者が油断するのを待つしかありません。

さいごに

張り込みをする探偵

この様に、携帯メールやLINEを覗き見ても、不貞行為の証拠とはなり難く、むしろ不利益ばかり被る結果となってしまいます。

また、二度と調査が行えなくなる恐れがある以上、発覚しやすい浮気調査は携帯ばかりを当てにしてはいけません。なるべく早めに探偵社に依頼し、浮気問題解決を手伝ってもらってください。

また、トラブルが起きてから浮気調査を頼むことは、調査費用をドブに捨てるのも同じです。離婚や慰謝料請求を考えているなら、最初からプロに相談することをお勧めします。

探偵に相談する前に知っておくべき予備知識はこちらをごらんください。
元探偵が教える浮気調査費用の削減4つのコツ。相談前に必見!

探偵社は依頼の仕方相談する窓口によって、調査費用が大きく変わります。

あとで「知らなかった…」とならないために合わせて読んでおくことをおすすめします。必要な情報はすべて詰め込みました。
 関連記事 不倫の証拠をつかむには?知っておくべき5つの選択肢

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。


浮気対策メール講座

探偵会社選びに不安があるならコンシェルジュに相談。