美容に欠かせないビタミンACEからプラセンタやヒアルロン酸まで!「飲む美容液」とまでいわれるウワサの【極美】日焼け止めサプリとは ? 〉〉

キュレルの日焼け止めがアトピー・敏感肌に最適な3つの理由

アトピー・敏感肌の日焼け止め

アトピー敏感肌の方には、服の摩擦や化粧品などわずかなものでも刺激となってしまいます。

数ある刺激の中でも、避けようのない紫外線はとてもやっかいなものです。

しかしアトピーの方には、紫外線から肌を守るための「日焼け止め」でさえも肌への刺激となりかねません。

よく「キュレルなら安心」といわれますが、どんな理由で安心なのでしょうか?

また、アトピーの私たちが紫外線から肌を守りぬく方法には一体どのようなものがあるのでしょうか。

アトピーでも使える日焼け止めとは?

UV値年間推移グラフ

出典:気象庁|日最大UVインデックス(推定値)の年間推移グラフ

日差しの強い春から夏にかけては紫外線対策をしている人がほとんどでしょう。TVCMやドラッグストアでの露出も増え、最も紫外線対策を意識する時期です。

ですが、真冬でも天気が悪くても紫外線は出ているので本来、紫外線対策は一年を通して行うべきなのです。

敏感肌やアトピー肌であっても衣類でガードできない部分に対しては、日焼け止めを使用することが理想です。

日焼け止めの特徴を知る

日焼け止めの特徴

すべての日焼け止めは、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」のどちらか、あるいは両方を使用しているはずです。

「紫外線吸収剤」を使用している日焼け止めは、肌の上で分子が化学変化を起こして紫外線を防ぎます。しかし何らかの原因で分子が壊れてしまうと、紫外線が吸収できなくなってしまい肌トラブルが起きやすくなります。

紫外線吸収剤は肌が弱い方やアトピー肌の私たちには危険なものです。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤
出典:日焼け止めのメカニズムについて

一方、「紫外線散乱剤」を使用している日焼け止めは、紫外線を跳ね返すための白い粒子を肌の上に乗せるだけです。

ですから成分は化学変化もせず効果も長持ちします。しかし、その反面白く浮いてしまうという難点もあります。

SPFとPAについて

日焼け止めのパッケージには以下の2つの数値が書かれています。

  • SPFシミそばかすの原因になるUVBを防ぐ強さを表す値
  • PAシワたるみの原因になるUVAを防ぐ強さを表す値

それぞれ値が大きいほど防ぐ強さも強くなります。ですが、アトピーや敏感肌の人はその数だけを見て購入するのではな、く成分表示もきちんと確認することが大事です。

UV
出典:こわいのはどっち!?紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)

日焼け止めは界面活性剤などが含まれていないと効果が出ないため、無添加のものを探すのは非常に難しいです。

ですからSPFやPAの値が低い、できるだけ肌に優しいものをこまめに塗りなおすことで紫外線を防ぎましょう。

アトピーや敏感肌向けの化粧品を開発しているブランドから発売されているものであれば、極力肌に優しいものを使用しているはずです。そういうものを選ぶのがいいかもしれません。

しかし、何を使うにしても一度パッチテストをすることを忘れないでください。

キュレルの日焼け止めがアトピー肌に最適な理由3つ

1.石鹸で落とすことができるから

石鹸洗顔

多くの日焼け止めは一旦塗ると落ちにくく、落とす際に肌荒れの原因となります。その点、キュレルの日焼け止めなら他製品と違い、石鹸で落とすことができます。そのため、アトピー肌には向いています。

ですが、どんな日焼け止めでも何度も塗りなおしたり肌が乾燥したりすると、それだけ落ちにくくなってしまいます。

石鹸で落とせるキュレルの日焼け止めを使ったときでも上記の場合には意識して丁寧に洗うようにしましょう。

モコモコの泡よりも、クレンジングで洗うとしっかり日焼け止めを落とすことができます。オイルクレンジングは必要以上に油分を落としまう可能性があるので、クリームクレンジングやミルクタイプのものを使用しましょう。

2.紫外線吸収剤を使用していないから

紫外線吸収剤不使用

紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力は強力ですが、同時に化学反応で肌の表面を傷つけてしまいます。紫外線吸収剤には防腐剤などと並ぶほどの高い毒性があるからです。

その点、キュレルの日焼け止めは「アトピーや敏感肌のための日焼け止め」らしく紫外線散乱剤のみを使用した、アルコールフリーのノンケミカルの日焼け止めなのです。

3.お手頃な価格

価格

キュレルの日焼け止めはスーパーの薬コーナーやドラックストアなどには大抵どこにでも置いてあります。そして値段もお手頃です。日常的に使うものなのでコスパも重要ですね。

敏感肌やアトピーの人は必ずパッチテストをしてからの使用がおすすめですが、どこにでも置いてある製品なのでパッチテストもしやすいでしょう。

アトピー肌におすすめの紫外線対策

日焼け対策

紫外線対策をするには日焼け止めが一番ですが、敏感肌やアトピーの人は別の方法での紫外線対策も合わせてすることをおすすめします。

日傘や帽子、スカーフ、アームカバーなど様々なものが出ていますが、肌の露出そのものを減らすのが紫外線対策の第一歩です。

また紫外線カット効果のあるものは2〜3年で効果が切れてしまうそうです。定期的に買いなおすか、紫外線カット用のスプレーを吹き付けておくなどお手入れをしっかりしておきましょう。

日焼け止めに関しては、一般的に未開封で3年、開封済みなら1年以内に使いきるのが理想。
 
日傘やサングラスは、劣化や日常での傷、UVカットのはがれなどにより、2~3年
 
UVカット服にいたっては、洗濯などの影響でワンシーズンしかもたないものもあるとのことなので、長年使っているものは、UVカットの効果がなくなってしまっている可能性も…。
 
出典:絶対に日焼けしたくないなら覚えておこう!「UVカット製品」にも寿命がある – Peachy

肌に塗るだけが日焼け止めじゃない?!

そもそもですが、肌に塗る日焼け止めクリームではなく「飲む日焼け止め」であれば、敏感な肌への刺激から完全にフリーになれます。

日焼け止めサプリは他のサプリメント同様に海外ではずっと以前から常識ですが、日本でも「女優さんのUVケア」等TV番組での露出をきっかけに2015年あたりから爆発的に市場が拡大しています。
飲む日焼け止めサプリおすすめランキング5選【2018年版】

さいごに

日焼け止めは、普通の肌の人でも乾燥しやすくなります。ですから、アトピー敏感肌の人はさらに注意が必要です。

その点でもキュレルなど敏感肌用のものがおすすめなのです。日焼けから肌を守れても肌トラブルを起こしてしまっては意味がないですからね。

また、日焼け止め以外の対策も日頃から気をつけましょう。

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。

飲む日焼け止めおすすめランキングへ