わき脱毛でわき汗の量が増えてニオイがきつくなる理由と対策

ワキ汗を意識しない

わきの脱毛をしてから

「汗の量が多くなった」

「ニオイがきつくなった」

と感じる人がとても多いそうです。

脱毛してせっかくツルツルなわきになったのに、汗でベタベタしていたらゲンナリですよね…

なぜわき脱毛すると、汗の量が増えるのでしょうか。

気になるその理由を解明していきたいと思います。

脱毛の前後でわき汗の量は変わらない!?

疑問符を持つ女性

実は、脱毛したからといってわきの汗の量が増えるわけではありません。

わきは毛が生えていると、栓となってあまり汗が流れないそうなんです。

流れてきたとしても、汗はわき毛に吸着し服はあまり濡れません。わき毛に吸着した汗はそのうち乾燥し「汗をかいている」という自覚はないんですね。

しかし、脱毛すると栓がなくなるわけですから、流れた汗はそのまま服についてしまい、「わきの汗が増えた」「ニオイがきつくなった」と感じてしまうようです。

ワザと完全に脱毛を完了させない人もいる?

そのため、サロンでもわきは完全な永久脱毛ではなく、少しだけ毛を残した状態で脱毛をやめる人もいるんだとか。

そうすることでわき汗は少なくなるし、毛の処理もラクになります。

どうしても脱毛後のわきの汗が気になるという人には良い方法かもしれません。

脱毛後におすすめ!わきの汗対策3つ

脱毛後のワキ汗対策

汗の量自体は変わっていないとはいえ、毛がないためダイレクトに服を濡らす汗はやはり気になるものです。

出先で汗染みができてもすぐに着替えるわけにもいかないし、人目も気になります。

ですから、対策をしっかりして出かけることを心がけましょう。

1.汗わきパット・シート

ワキ汗パット

わき汗に悩む人の救世主がこれ。

最近は透けにくい薄手仕様になっているものやベージュ色のもの、アロマ付きなどいろいろな種類のものがあります。

気になったときにすぐに付けることができるので便利ですよ。ポンとかばんに入れておけば、いざというときも安心です。

「肌が弱く擦れたらイヤ」「取れてしまったらイヤ」という場合はわきに直接張るシートタイプのものがおすすめです。

以下から主要サイトの商品を見られるようにしてあります。参考にしてみてください。

(*「汗脇パッド」「汗わきシート」で検索した結果)

2.制汗剤

制汗剤

汗の分泌そのものを抑える制汗剤もあります。ニオイも抑えることができるのでいいですね。

制汗剤にはクリームやスプレー、液体など色々な商品があるので使いやすいものを選びましょう。

スプレーやロールオンタイプで効果がなかった方には、以下の記事で紹介している「ニオイ成分97.7%カット・除菌率99.99%の保湿系制汗デオドラント」がおすすめです。

(*類似品にはくれぐれもご注意ください!)

3.汗対策インナー

肌着・下着売り場には、わき汗対策用のインナーが置いてあります。

わき部分にパッドがついていたり、生地が分厚くなっていたりと加工がされています。こちらも様々な種類がありキャミソールから長袖まであります。

どんなものがあるか、参考までに以下から各サイトの商品をみれるようにしてあります。

夏だけでなく、重ね着や満員電車など寒い時期でも意外と気になる冬のわき汗対策にもぴったりです。

脱毛に関係なく気にすればするほど、わき汗は増える!

大量のワキ汗

脱毛後に限らずですが、汗を気にしすぎるとかえって多く汗をかいてしまいます。緊張すればするほど汗をかいてしまうのと同じ原理です。

意識し過ぎて汗が止まらない場合には、こちらの記事を参考にしてみてください。

脱毛後はとくに汗腺が敏感になっていて、汗が出やすい状態です。

ただ、これはあくまでも一時的なもの。時間が経てばおさまるものなので、気にし過ぎないというのも大切なことですね。

「脱毛でわき汗のニオイがきつくなる」は有り得ることか?

わきの臭い

わきの脱毛をすると通常、ニオイは軽減される傾向にあります。

ニオイの原因である雑菌は毛根に多く繁殖するため、脱毛して毛がなくなると雑菌も減少しニオイはなくなるという原理です。

脱毛後にニオイがきつくなったとしたら、それはおそらく脱毛時に毛穴に皮脂や垢が詰まったまま酸化したニオイの可能性が考えられます。

脱毛後は毛穴に汚れが詰まっていないかをよく確認しましょう。

もし詰まっていたら、皮膚科でも処置してもらうことができます。

さいごに

わきの脱毛をして「汗の量が増えた」「ニオイがきつくなった」と慌ててしまう前に対処方法を知っておけば安心ですね。

とくに夏の女性はいろいろとケアをしなくてはいけないので、とっても大変です。

気にし過ぎてケア疲れしてしまわないように、使えるものは賢く使って夏を楽しめることを祈ってます!

次に読むなら、こちらの記事がおすすめです。