美容に欠かせないビタミンACEからプラセンタやヒアルロン酸まで!「飲む美容液」とまでいわれるウワサの【極美】日焼け止めサプリとは ? 〉〉

UVカット最上級。ランコムの日焼け止めに紫外線吸収剤は?

ランコムの日焼け止めは最強クラス

「アリーかアネッサか…今年はどの日焼け止めにしようかな?」

紫外線が増えてくると気になるのが、日焼け止め各メーカーのUVカット性能です。

でも、ちょっと待って下さい!

日焼け止めを選ぶときには「SPA」や「PA」だけでなく、「紫外線吸収剤」がどの程度含まれているのかチェックしておくことが大切ですよ。

この記事では、UVカット力最高ランクといわれるランコム製の日焼け止めを選ぶ際に気をつけるべきポイントについて解説します。

日焼け止めが紫外線をブロックできる秘密は紫外線吸収剤

どうして日焼けしないの?

そもそも、肌に塗るだけでどうして紫外線をブロックできるのでしょうか?

その答えは日焼け止めクリームに含まれる「ある成分」にあります。

紫外線吸収剤は安全なのか?

肌に吸収される紫外線を他のエネルギーに変える役割を持つ成分のことを「紫外線吸収剤」と呼びます。

代表的な紫外線吸収剤には、

  • t‐ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エキルヘキシル
  • オキシベンゾン‐3

などがあげられます。

紫外線吸収剤は化学成分であり、紫外線を防ぐ力が強いほど、肌への負担が強く刺激を感じやすくなる傾向があります。

また、紫外線を他の物質やエネルギーに変えるため、変換後の物質が長期的な視点ではどのように肌や体に影響を与えるのかは分かっておらず、安全性が確保されているとは言い切れないようです。

UVカット力最高ランクのランコム。気になる「紫外線吸収剤」の成分は?

ランコムの日焼け止め

ランコムのブラックボックス

じつはランコムの日焼け止め商品は、Web上で成分の公表を行っていません

ですが、UVカット力最高ランクのランコムですから、紫外線吸収剤は含まれていると考えるのが自然でしょう。

また、ランコムの日焼け止めにはメラニンを黒色から灰色へ変化させることで、シミ・そばかすが目立たなくする作用を持つ成分も含まれています。

しかし、この成分がであるのかWeb上では非公開になっています。

その点を不安に感じる場合は、他の日焼け止め製品と比較してみてから決めることも良いと思います。

【追記】
公式サイトには記載がなかったものの、UVケアでは一番売れ筋アイテム「UV エクスペール XL BB」(生産終了)の全成分表示がこちらです▼
ランコム日焼け止め全成分表示
*赤枠の「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」
が紫外線吸収剤です。

でも…やっぱりすごいランコム!

紫外線吸収剤の研究

その一方でランコムでは、紫外線吸収剤のデメリットを減らすための工夫も行われています。シリコンなどのカプセルを利用して、紫外線吸収材をコーティングする技術も開発されてきています。

美白だけでなく、美肌にも特化しているランコム。紫外線吸収剤のデメリットをそのままにしているとは思えません。

ランコムはブルーライトもカット

それに加えて、ランコムの日焼け止めは、通常の紫外線より長い波長である「ブルーライト」までをカットするUVケア商品が発売されています。

「お肌の大敵の紫外線はロングUVAが75%を占めていた」という理由から、ランコムが開発したUVケア商品です。また化粧下地としての役割もカバーしているため、簡単にスキンケができるので便利ですね。

もし、ケミカル物質を肌に使うことに不安がある場合には、日焼け止めを使いたい時期や利用シーンも踏まえて自分にあった商品を選ぶことがおすすめです。

>>ランコム公式サイトはこちら

3種類の紫外線がある!それぞれの特性は?

紫外線の波長
出典:環境省

紫外線には、紫外線A波・紫外線B波・紫外線C波の3種類があります。

A < B < Cの順で肌や健康へ与える影響が大きくなりますが、同時にオゾン層に阻まれやすくなります。したがってC波が最も危険な紫外線となりますが、現時点では紫外線C波はオゾン層に阻まれて地表にまで到達することはありません。

紫外線A波(UVA)

  • 肌の奥深くまで到達し、コラーゲンを変性させシワ・たるみ(光老化)の原因となる。
  • じわじわと時間をかけて影響が出てくる。
  • UVBの20倍の量が降り注いでいる。

曇りの日や、日差しの弱い季節でも1年中通して降り注いでいるので対策が必要です。

UVAとUVB
出典:ロート製薬

紫外線B波(UVB)

  • 肌表面の細胞を傷つけ炎症を引き起こす。日焼けの原因。
  • しみ・そばかす・皮膚がん・免疫力低下・白内障の原因となる。
  • UVAの100~1000倍有毒。肌に影響が出るまでが早い

一般に「日焼け止め」というと、こちらをガードするイメージが強いかもしれません。

紫外線C波(UVC)

最も危険だが、オゾン層に阻まれて地表に到達せず。

日焼け止めの効果を決めるSPAとPA

日焼け止め

SPAとは

紫外線B波「UBV」をどれだけカットできるかを示す表示が「SPA」であり、その最高ランクは「SPA 50+」になります。

PAとは

一方、紫外線A波「UVA」をどれだけプロックできるかを示す表示が「PA」であり、最高ランクは「PA++++」になります。

最近は、この「SPA 50+」「PA++++」の二つをクリアする日焼け止めが、多く発売されています。

さいごに

ランコムの日焼け止めは安全?

ランコムの日焼け止めは、「SPA50+」「PA++++」の最高ランクの商品です。化粧下地としても使用できる優れもの。また、肌の真皮の奥までの届く「ロングUVA」もカバーする強い味方です。

ですが、同時にケミカル物質である「紫外線吸収剤」と「シミ・そばかすを目立たなくする独自成分」が含まれているのもチェックポイントの一つですね。

ところで近年、

  • 化学物質を肌に使いたくない
  • 塗り直しの手間が煩わしい
  • 白浮きするのが嫌だ

という理由から、最近では「飲む日焼け止め」を使用する女性が増えているそうです。


確かに、これなら敏感肌でも安心して使えますね。薬品ではなく食品ですので副作用の心配もなさそうです。2015年頃より各メーカーが日焼け止めサプリメントを発売しています。

今年の最新情報はこちらにまとめていますのでご参考にしてください。
飲む日焼け止めサプリおすすめランキング5選【2018年版】

日焼け止めは肌に直接使うスキンケア商品です。

日焼け止め効果だけでなく、成分をチェックして、安心して使用できる日焼け止めを選んでくださいね。

飲む日焼け止めおすすめランキングへ