コミュニケーション上手になるための3つの方法

ありがとうはコミュニケーションの基本

貴女はコミュニケーションに自信があるほうですか?

コミュニケーションを上手に取るポイントは色々あると思いますが、難しいテクニックなど使わず、誰でも簡単に、今すぐに始められる事があります。

もしコミュニケーション下手だと思っているのなら、次の3つを心がけてみて下さい。

Sponsord Links

第一印象を良くするコミュニケーション:“笑顔”

第一印象は笑顔で決まる

人の印象は3秒で決まると言われています。

貴女は初めて会った人の、まずどこを見ますか?

どうしても気になるこだわりの箇所(いわゆるフェチ)がある人は真っ先にそちらをチェックするかもしれませんが、大抵の方は3秒の間に、まず相手の目を中心に顔全体を見て、そして全身を見て、自分のこだわりの箇所を見る。3秒とはその位の時間ではないでしょうか。

初めて会った人が、3秒で貴女に抱く印象を良くするコミュニケーションの方法。

その一つ目は“笑顔”です。

ニッコリ笑った笑顔を見て、不快に思う人は少ないと思います。

作り笑いで目が笑っていないような場合は別ですが、笑顔は人を安心させてくれます。

人は安心すれば、心を開きますのでコミュニケーションが取りやすくなります。

この笑顔を使ったコミュニケーションの達人は赤ちゃんです。

赤ちゃんが笑うと周りの大人もみんなニッコリしてしまいます。赤ちゃんは笑うことで自分が愛されるという事を本能的に知っているそうです。

しかし大人になるにつれて段々その事を忘れてしまい、ストレスや忙しさに追われ笑顔になることが少なくなってしまいがちです。

電車の中でガラスに映った自分の無意識の顔にハッとした事はありませんか?

笑顔を意識して、コミュニケーションを取るよう心がけましょう。

トラブルを避けるコミュニケーション:“ごめんなさい”

謝る女性

これができない人は、信用を失っているかもしれません。

待ち合わせに遅れているのに「ごめんなさい」と言わない人が多いことに驚きます。

約束を破ったのに、言い訳ばかりして「ごめんなさい」と言わない人もいます。

身体がぶつかったり、足を踏んでしまったのに「ごめんなさい」と言えない人がいます。

2つ目の方法は、「ごめんなさい」です。

たった5文字の「ごめんなさい」この一言が添えられているか添えられなかったかで、人の印象は大きく変わります。

例えば、貴女が待ち合わせをして待っている場合、遅れてきた人が「ごめんなさい」と一言添えてくれた場合と何も言わずに「さぁ!行こう」と言われた場合、貴女はその人に対してどんな気持ちを抱きますか?

待ち合わせに遅れるという事は、待ってくれた人の貴重な時間を奪っています。その人に対して謝罪ができなければ、信用を失い兼ねません。

ぶつかってしまった、足を踏んでしまったなども同様です。

駅などで起こるケンカの原因は、押した・ぶつかった・足を踏まれた……など些細な事が多いと言います。時には殺人事件に発展してしまうことも。。。

その時に一言「ごめんなさい」と添えていればトラブルに発展する事も少なくなるはずです。少なくとも殺人事件にはならないでしょう。

「ごめんなさい」は人とのトラブルを避けるのに有効です。

Sponsord Links

コミュニケーション不足によるトラブルは「ごめんなさい」で解消しましょう。

ハッピーな気持ちになれるコミュニケーション:“ありがとう”

ありがとうを口に出そう!

自分の為に誰かが何かをしてくれた際、感謝の気持ちを言葉にして伝えていますか?

身近な人には「ありがとう」と伝えていると思います。

時々、奥様がご主人から「ありがとう」と言われたことがないという話は聞きますが、大抵の方は伝えていらっしゃると思います。

コミュニケーションの3つ目の方法は「ありがとう」です。

身近な人に「ありがとう」と伝えている方も、レストランでお水を運んでくれた人や、エレベーターで開くボタンを押してくれた人、お店の扉を開けてくれた人などに対してはいかがですか?

意外と実践している人は少ないかもしれません。

ココロの中で感謝している、軽く会釈するなどで感謝の気持ちを伝えていらっしゃる方は大勢いると思います。

しかしきちんと言葉で「ありがとう」と伝えてみて下さい。

お水を運んでくれた人も、エレベーターを開けておいてくれた人も、お店の扉を開けてくれた人も、皆さん貴女の為に動いてくれました。

その人に「ありがとう」と言葉で伝えて貰えたら嬉しいはずです。貴女の一言でハッピーな気持ちになれるのです。

以前、こんなことがありました。

駅のエレベーターで、扉近くに立っていた為に開くボタンを押して同乗者が降りるのを待っていました。

皆さん、小さな声でしたが「ありがとう」と言って降りてくださり、それだけでも嬉しかったのですが、最後に降りた女子高生がニッコリ笑って「ありがとうございます」と言って降りて行きました。その時、心の中にほんわかした温かい気持ちが残りました。

その後一日中温かい気持ちが続き、私自身ずっと笑顔で過ごしていました。

エレベーターで会う人は一度きりでもう会う事はない人かもしれません。しかし相手に温かい気持ちが残ります。

貴女の「ありがとう」のおかげで、全く知らない人にさえ幸せな温かい気持ちを残すことが出来ます。

コミュニケーションの魔法の言葉、貴女の「ありがとう」で、世界中を幸せにして下さい。

まとめ

夕暮れの空を見上げて微笑む女性

【コミュニケーション上手になるための3つの方法】

貴女の“笑顔”で、人は心を開いてくれます。

“ごめんなさい”を添えれば、トラブルは小さく出来ます。

“ありがとう”と言葉で伝えれば、相手の人の心に温かい気持ちが届きます。

“ごめんなさい”と“ありがとう” 

この2つをしっかり言葉にすれば、大抵の事は上手くいきます。そして、“ありがとう”+“笑顔”は最強です!!

誰にでも簡単に、そして今すぐに始められるコミュニケーション術

貴女の“笑顔”と“ありがとう”そして必要な時には“ごめんなさい” この3つのコミュニケーションで、沢山の人を幸せな気持ちにしてあげて下さい。

コミュニケーションが上手くいけばストレスも減らせます。コミュニケーションを上手に取って、自分らしく輝き続けて下さい。

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願っています。

Sponsord Links