美容に欠かせないビタミンACEからプラセンタやヒアルロン酸まで!「飲む美容液」とまでいわれるウワサの【極美】日焼け止めサプリとは ? 〉〉

背中のかゆみは掻くと黒ずみに!黒ずみの消し方と予防方法4つ

背中のかゆみ

冬場は背中が乾燥してかゆくなりませんか?手が届きにくい場所なので、かゆくなると辛いですよね。

かゆみや傷は皮膚科で貰った薬を塗ると治りますが、問題はその掻いてしまった跡が黒ずみになってしまうこと。

せっかくかゆみがなくなって綺麗に傷が消えても、背中の黒ずみが消えなければ、見た目も悪く憂鬱になりますよね。

今回は、「できてしまった黒ずみを消すための4つの方法」と「背中の黒ずみを予防するためにやるべき4つのこと」をご紹介します。

背中のかゆみが治っても黒ずみが残る原因

背中を掻く

背中のかゆみに耐えられず、ついつい掻きむしってしまうと、肌の防衛機能がはたらき、メラニンが生成されて黒ずみになります。

簡単にいうと、「乾燥→かゆみ→黒ずみ」といった流れになります。掻きむしったときの刺激を受けて、黒ずみができるのです。

1.外的刺激を受けた表皮細胞がメラノサイト(メラニンを作る細胞)に連絡します。
「皮膚が危険にさらされているからメラニンを作ってくれ」

2.指令を受け取ったメラノサイトは、メラニンの生成を始めます。
「皮膚を守るためにメラニンを作らねば!」

3.完成したメラニンは、一番若い表皮細胞に託されます。
「これ(メラニン)で皮膚を守るんだ、頼むぞ!」

4.表皮細胞はメラニンを持ったままターンオーバーのレーンに乗ります。
「これ(メラニン)を離したら皮膚は大変なことになるぞ」

5.表皮細胞はメラニンで皮膚を必死に守りながら、日に日にターンオーバーされていきますが、しかし、何らかの要因によって正常なターンオーバーが行われなかった場合、メラニンを持ったままの表皮細胞が肌内に停滞。

メラニンの色(主に褐色)が肌に張り付いたように見えてしまいます。

これが、茶色の色素沈着です。

(出典:一度できたらもう消えないって本当?うそ?色素沈着について学ぼう!|綺麗のトリセツ

背中の黒ずみを消すためにやるべき4つのこと

では、ここからは背中にできてしまった黒ずみを消す方法をご紹介します。

1.ピーリング

はちみつヨーグルトパック

ピーリングも様々な種類がありますが、乾燥によるかゆみが原因の色素沈着の場合、ぽろぽろが出るタイプ(ゴマージュ)やスクラブタイプのこするピーリングではなく、ピーリング成分を浸透させるタイプにしましょう。

一番手軽なのが、ヨーグルトパックです。

プレーンヨーグルトにはちみつを少し混ぜ、小麦粉で硬さを調節し、黒ずみの気になるところに塗って5分くらいしたらぬるま湯で洗い流します。これだと、ゴシゴシこすらずにピーリングできるので、肌にもやさしいです。

2.野菜や果物をしっかり取る

フルーツ

ビタミンCには、黒ずみを消す効果があり、ビタミンEにはメラニンの生成を抑制する効果があります。忙しくてどうしても野菜を取るのが難しければ、サプリメントで補いましょう。

昔から定番で続けやすいマルチビタミンサプリメント。成分は以下のとおりです。

マルチビタミン成分表
出典:公式サイト

美白に効果的な成分が1粒に調合されたサプリメント。成分は以下のとおりです。

ホワイトセルフ成分表
出典:公式サイト

3.肌のターンオーバーを正常にする

ウォーキング1

適度な運動と肌の保湿をしっかりして、ターンオーバーを促すと、黒ずみも少しずつ治ってきます。とくに、運動はおろそかになりがちですから、30分~1時間程度のウォーキングなどを始めてみましょう。

4.スキンケア用品を美白用に変える

美白スキンケア

美白に重きを置いたスキンケア用品に変えてみましょう。美白用スキンケアは、黒ずみにも効果があります。

ビタミンCはもちろん、アルブチンコウジ酸も美白に効果のある成分ですから、入っているかチェックしてみましょう。ハイドロキノンも美白効果が高いですが、肌荒れしてしまうこともあるので、注意が必要です。

たとえばおすすめはこういった商品です。参考にしてみてください。

ルフィーナ

ルフィーナ

保湿で乾燥対策をしながら美白成分でじっくり黒ずみを治します。現役モデルが多数愛用中のアイテム。そのうえ、120日間の返金保証があるので安心。

今なら初回72%OFFの2989円(税込・送料無料)で試せるそうです。この機会にぜひ♪

>>ルフィーナの詳細はこちら

ホワイトルーセント「デコルタージュ ブライトニングセラム」

こちらはデコルテ用の美容液ですが、背中の黒ずみにも効果抜群。くすみ改善と保湿効果を重視した美容液。

背中の黒ずみを予防するためにやるべき4つのこと

背中の黒ずみが治ったとしても、繰り返してしまうとだんだん消えにくくなってしまいます。予防法もしっかり知っておきましょう。

1.背中の乾燥はとくに念入りなケアを

乾燥→かゆみ→黒ずみという流れでできますから、その最初の「乾燥」が起こらないようにすることが、一番大切です。かゆみが起こってきた頃には遅いのです。乾燥してしまう前に、先回りしてしっかり保湿しておきましょう。

2.紫外線を浴びない

紫外線

黒ずみができやすい背中は、紫外線でも黒ずみができやすいのです。紫外線ケアも忘れずに行いましょう。日焼け止めを塗ったり、光を通さない黒いTシャツを着るなどして、しっかり対策をすべきです。

3.服の素材を見直す

服の素材を見直す

背中は、服が当たる面積が広いので、着る服にも気を遣いましょう。コットンやシルクがおすすめです。肌着にシルクを取り入れるのが一番手っ取り早いでしょう。冬はシルクカシミヤやシルクウールの素材もあるので、それだと柔らかくて防寒もできます。

4.背中はシャワーで流すだけ

シャワー

乾燥している背中をボディソープでゴシゴシこすってしまうと、本来必要な皮脂まで落としてしまい、さらに乾燥が進んでかゆくなってしまいます。

乾燥してかゆいときは38℃くらいのぬるいシャワーで流す程度にしましょう。お湯だけでも十分汚れは落とせます。

まとめ

いかがでしたか。背中のかゆみは我慢するのが難しく、ついつい掻いてしまいますよね。せっかく背中のかゆみが治っても、黒ずみが残ってしまっては気分もすっきりしません。

黒ずみを消すには長い月日がかかるので、乾燥対策も忘れずに行って黒ずみ予防をしてくださいね。

積極的な対策が場合には、こちらの記事が参考になるでしょう。とくに近々背中の開いたドレスを着る予定のあるあなたは必読です。
▶︎【即効】背中ニキビの治し方なら。おすすめケアアイテム5選