【アラサー婚活】この夏、4つのアプローチで出会いをゲットせよ☆

アラサー女性3人組

ふと気付いたら、「私ってもう30歳になるんだ」「最近、やたら結婚式が多いな」「親の年齢で考えると、この年だと子どもの年齢は5歳位かな」なんて、いちいち考えることが増えてくる年齢、それがアラサー世代です。

この頃になると、自分以上に、周囲の結婚観が見えるようになり、自分の気持ちとは関係なしに周囲の圧力に押しつぶされそうになります。だから、意識せざるを得なくなるものです。

今回は、そんな気持ちの中で世のアラサー女子がどのように婚活をしているのかをお伝えします。

アラサー婚活の出会いかた1:アプリ

スマホを触る女性

こうした婚活アプリを利用している人は主に2つのタイプに分かれるようです。

  • 合コンや婚活相談所に行く暇がないほど忙しい人
  • いきなりリアルではなくSNSからはじめたい人

あなたがどちらかのタイプに当てはまるなら、婚活アプリを検討してみても良いかもしれません。

上記のいずれの場合でも、婚活アプリをスマホやタブレットにインストールしておくことで通勤時間やちょっとした空き時間にも「いい人探し」ができるようになります。

「ちょっと待って!婚活アプリと出会い系アプリは何が違うの?」

というのがはじめに湧く疑問だと思います。私ももちろんそうでした(笑)

両者には大きな違いが2点あります。

  1. 婚活アプリは目的が「恋人」「遊び相手」ではなく「結婚相手」探しである
  2. 婚活アプリは本人確認が登録の条件となっており、サクラが介入できない

1.に関しては「出会い系」とはそもそも利用者の属性が異なるので、「似て非なるもの」との認識が正しいです。

2.に関してはFacebookアカウントと連動したアプリが増えていて、FBアカウントがないと登録すらできないというものが多いです。

「でもFacebookと連携するのってなんだか心配じゃない?」

最初は私もそう思いましたが、よく考えてみれば私と同じようにあなたもすでにいろんな外部サービスにFacebookアカウントでログインしているのではないでしょうか?

こういうSNSで一番悲しいパターンが、ずっといい感じでやり取りしていた相手がサクラで、時間とお金だけ浪費してしまい、結局何の婚活もできなかったという結果になることです。そのリスクを避けるために必要な本人確認なら仕方ありませんよね。

また、こうした婚活アプリには有料・無料のどちらもありますが、サービス内容にそれほど大差はありません。あるとすれば、有料のほうが「相手の本気度が高い」ということでしょうか。

つまり、実際にいい人と出会ってゴールインするまでを最短ルートで突っ走れるということ。「とりあえず」で登録しているひやかしみたいな会員さんは基本いませんからね。

いうなれば、アラサーの私たちにとっては「時間をお金で買う」イメージです。

アラサー婚活の出会いかた2:街コン

街コンで盛り上がる男女

街コンは昼間に行われる合コンと考えればいいでしょう。比較的、軽い気持ちで参加しやすく、普段出会うことがない業種の方々との出会いがあります。参加している男性陣も、アラサーの私たちと近い年齢層の方が多いですが、かといって重い雰囲気ではありません。

単純に「男ばかりの職場だから…」ということで参加している方が多い印象です。

何よりも安心できる点は、「友人同士の参加」が前提というところです。「1人参加はちょっと…」と考える人にとっては、友人のジャッジもすぐに求めることができるし、お気に入りの男性が現れたときの後の展開が早くなります。

婚活意識の高い方はそれほど多くない印象です。ですので、女性側も婚活感や焦り感はあまり出さないほうが良いでしょう。

街コンだけに、今まで行ったことがないお店に行ける楽しさもあります。また、1つのグループと話ができる時間は30分間だけなので、あっという間に時間が経ちます。

基本、男性陣から「連絡先でも交換を…」という流れか、もしくは、スタッフの方が気を利かせて「お時間あと少しです!連絡先を聞いていない方は聞いてくださいねー!」なんていう言葉をかけてくれるので、気軽に連絡先がGETできますが、後からどこの誰だったかが分からない状態になることがほとんどです(笑)

ですので、聞いたときに、その人の特徴を必ずメモしておくことをお勧めします(例:よくしゃべる、35歳、チェックシャツとか)。

お互いに楽しい時間を過ごしたと感じた時のメンバーは、仲良くなるものです。街コンが終わった後に連絡が来て、3次会感覚で飲みに行ったり、後日、趣味で遊んだり(スノーボードに連れて行ってもらうとか)、メールのやりとりをしたりします。

そこから、お互いのことを知っていくことが容易なところが街コンの良さです。アラサーで年齢が近い者同士、打ち解けていくのも早いです。

試しに一度参加してみて、街コンがどんなものか雰囲気を掴んでみるのもよいかもしれませんね。

アラサー婚活の出会いかた3:〇〇パーティー

婚活パーティー

「お見合いパーティー」や「30歳代限定パーティー」のことです。世間で婚活ブームがやってきて、以前よりも敷居が低くなり、参加しやすくなったように感じます。

婚活パーティーは、自分が気になるジャンルのパーティーに参加すれば良いことと、その内容を男性陣も知っているので、気持ちは楽です。先ほどの街コンと比べて、男性陣の会費も高くなることから、婚活意識の高い方も多いです。

「アラサー限定パーティー」に参加すると、年齢も近く、意識も合う方と出会える確率は「一気」に上がります。パーティ会場では比較的、大人しそうな方が多いように感じます。

ここでの出会いから結婚に繋がった話は本当に多く、「結婚相手との出会いの場」の一つとして認識されています。だからこそ、軽く見られたり、遊び目的での参加と見られたりするような服装や言動だと、男性陣からの人気はなくなります。

男性陣も本気で参加している方ばかりなので、女性もその気持ちを察することが大切です。このようなパーティーでは、あくまでもアラサー婚活としての出会いをしなければもったいないでしょう。

参加男性全員と5分ずつ話ができるフリートークの後に、気に入った相手とツーショットで話ができる時間があります。見事、カップルになった場合には、連絡先を交換することができます。

最初のフリートークでは、「誰との話が弾んで楽しかったのか」とか「誰の雰囲気が良かったのか」という情報が分かるようにしておかないと、後から誰の印象が良かったのかが、よく分からない状態になります。用紙をくれるので、番号と一言コメントを書いておくようにすると、後から困りません。

その後で、気に入った方と話ができないときは、自分から積極的に話しかけにいくことが大切です。それが難しいときは、飲み物などを取りに行くタイミングで、その方の近くに行くなど、自分が動くことをしてみましょう。

この〇〇パーティーの注意点として、期間を空けないで何回も参加すると、「前回も参加していた人がまた来てる。話をすることが無いな…微妙」ということが起こり得ることです。

また、最初の席が大事です。というのは、始まる前から近くにいる男性のことを見ますし、話しかける・話かけられるというチャンスがあるので、運の要素は大きいですが、もしも席を自由に選ぶことができる場合は、少しでも良さそうな男性の近くを選ぶことをお勧めします。

アラサー婚活の出会いかた4:お見合い・マッチング

お見合い会社からの封筒を開けるアラサー女性

入会金やセッティング費用を支払って、自分のプロフィールをお見合い会社に置いておくと、それを見て気に入った相手のプロフィールと写真が自宅に送られてきて、「自分も会ってみたい」と思えば会うことができるというシステムが多いです。どこで会うかは、お見合い会社がセッティングし、その後は自分たちで進めていきます。

お見合いは、普通は「お互いが本気で結婚を考えている」と思っている方が多いので、〇〇パーティーよりもかかる金額は大きいですし、男性側の気持ちも大きいです。まさに、お互いに「ガチ婚活」です。多少の焦りも可愛く見えると思います。それだけ、真剣に相手を探していると思ってもらえます。

基本は、アラサー世代よりも上の30代中間~後半位の年齢層の男性が多く、真面目過ぎる位の真面目な男性が多い印象です。相手からのアプローチの強さに引いてしまうタイプの女性だと、後日連絡を取り合うようになったときに嫌になってしまうこともあるかもしれません。

ただ、事前にお相手がどういう男性かはかなり詳しく分かっているので、その点では安心です。前述した2つのアラサー世代の婚活よりも1ランク上の婚活といえるかもしれません。

マッチングサイトで最もおすすめなのは、大手ミクシィグループが運営している運営15周年、会員数1000万人の出会い応援サービス「YYC(ワイワイシー)」です。

運営歴と規模感の安心感が他のサービスとは一味違います。

>>YYC(ワイワイシー)の詳細はこちら

まとめ

仕事に忙しいアラサー女性

いかがでしたか?いろんな出会いかたがありますが、婚活を楽しんでできるくらい気楽に考えることができる方が、良い出会いが舞い込んでくるように感じます。それに、アラサー女性はそんなに焦らなくても、もっと自分の人生を楽しんでから“婚活”を意識しても良いようにも思います。

結婚は、その時だけではない、一生の問題です。周りの圧力とは関係なく、自分の気持ちに正直になれる方と出会える日がくることを祈っています。