ママ必見!授乳期間後の垂れた胸を上げる5つの方法

授乳期間後のママ

妊娠→出産→授乳の期間中は、胸の状態が著しく変わりますね。とくに産後は、授乳に向けてどんどん胸が大きくなり、人によっては苦しいくらいに乳房が張ってきます。

しかし、授乳が終わる頃に、ふと鏡に映った自分のしぼんで垂れた胸を見て、ショックを受けたことはありませんか?

今回は、そんな授乳期間後に垂れた胸を上げる方法をご紹介します。

Sponsord Links

垂れた胸を上げる5つの方法

1.エクササイズで胸筋を鍛える

なかなかつきにくい胸筋。胸筋を鍛えると、垂れた胸を上げることができます。

定番ですが、両手を胸の前で合わせ、肘を真横に開いて両手を強く押し合わせる運動。これを1日5セットくらい毎日続けると、少しずつ胸筋が鍛えられます。

↑動画の先生はかなり有名な方で、日本で一番筋肉に詳しい先生といわれています。

石井 直方(いしい なおかた)
東京大学大学院総合文化研究科・新領域創成科学研究科教授、理学博士。また、ボディビルダー、パワーリフティング選手でもある。日本ボディビル選手権大会(ミスター日本)優勝者(1981年・1983年の2回)。

(出典:wikipedia

2.下着のサイズをチェックする

ブラジャーのサイズをチェック

あなたの下着は、現在のバストサイズにぴったり合っていますか。サイズの合わない下着をつけると、胸が垂れる原因になります。

妊娠から授乳期間まで胸のサイズは著しく変わっていますから、下着のサイズを見直してみましょう。下着をつける際は、脇や背中の肉もしっかり前に持ってきてつけましょう。

3.生活習慣を見直す

授乳時期は、授乳で栄養を搾り取られて寝不足なども相まって、体調がなかなか良くならないことが多いですよね。

疲れていても、栄養不足にならないようタンパク質や鉄分をしっかり摂ることが大切です。身体を温めたり姿勢を良くしたり、あなたの胸にとって良い生活を過ごしたいですね。

4.豊胸手術

豊胸手術

豊胸手術は、術後も授乳が続けられる種類もあり、手術跡が目立たずおすすめです。微量注入でも対応してくれるため、垂れた胸を自然に上げることができます。

最近では手術のリスクを避け、エステサロンでのバストアップ施術を受ける人が増えています。
参考記事:リスクなし!エステサロンPMKのバストアップがおすすめな8つの理由

5.乳房吊り上げ術

乳房吊り上げ術

乳房吊り上げ術とは、胸の余分な皮膚を切って縫い合わせることで、垂れた胸を吊り上げて胸の形と乳輪・乳頭の位置を整える手術です。

どうしても悩みが深い場合には、この方法を考えてみるのも良いでしょう。その場合、リスクなどの説明をきちんとしてくれるクリニックを選びましょう。


Sponsord Links

どうして授乳後に胸が垂れるのか?

どうして胸は垂れるのか

妊娠~授乳中は、女性ホルモンが多く分泌されるので、胸は通常の2カップほど大きくなり、それに伴って皮膚も伸びていきます。

授乳期間が終わると女性ホルモンの分泌が少なくなり、胸のふくらみを作っている乳腺の活動も弱まるので、胸のボリュームが小さくなってしまいます。

胸が小さくなることで、伸びた皮膚だけが残って垂れてしまうのです。大きくなっていた胸はしぼんでしまい、妊娠前より小さくなってしまう場合もあります。

妊婦の方必見!垂れた胸をつくらない4つの予防策

1.胸のマッサージは優しく行う

バストマッサージ

妊娠線予防のクリームなどを胸のマッサージに使うこともありますが、マッサージをする際は優しく行ってください。

なぜなら、強い刺激を与えると「クーパー靭帯」という乳房内にある組織が切れてしまうからです。

「クーパー靭帯」は、大胸筋と乳腺・脂肪を繋いで、胸の形を作る役割を果たしています。これが切れてしまうと戻ることはなく、垂れた胸になってしまいます。

2.授乳は左右バランスよく行う

授乳は左右バランスよく

片側のお乳ばかり授乳していると、反対側の乳の出が悪くなりどんどん小さくなってしまいます。授乳期間後には大きさが左右で大きく違うようになることも。

また、反対側の乳房が詰まり乳腺炎を起こすこともあるので、きちんと左右バランスよく授乳しましょう。

3.姿勢良く過ごす

姿勢をよくする

妊娠中はつわりで気分が悪かったり、お腹が重たくなったりしてどうしても姿勢が悪くなりがちです。しかし、胸を張って姿勢良く過ごした方が、胸が垂れにくくなります。

とくに臨月になると適度な運動をして過ごすことが大切ですから、姿勢を意識して頑張ってみましょう。

4.体を温める

体を温める

妊娠後期になると体が重くお風呂が億劫になりますが、きちんと湯船に浸かって体を温めるようにしましょう。血行が良くなり、垂れた胸になるのを防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか。基本的に、垂れた胸で悩んでいる方も、胸が垂れることに不安な方も、対処法はほぼ同じです。

とくに体を温めることや、栄養管理、姿勢などの見直しは健康な生活にも繋がりますから、ぜひ今日から実行してみてください。

上でも紹介したように、体にメスを入れずに短期間で垂れた胸を上向きにするなら、バストアップエステがおすすめです。
参考記事:リスクなし!エステサロンPMKのバストアップがおすすめな8つの理由

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。

Sponsord Links