乾燥から髪を守る5つの対策!2万ボルトの静電気を回避せよ

2万ボルトの静電気

冬は肌がとても乾燥しますね。同じように髪も乾燥しています。

でも、「パサついているかも」と思ってもスキンケアほど念入りにはお手入れできていないという人も多いはずです。

お肌と同じように冷たい空気に触れた髪はゴワゴワ、パサパサしてしまい枝毛や切れ毛の原因になります。また、この時期やっかいな静電気も起こりやすく、傷んだ髪は広がりまとまりにくくなってしまいます。

今回は乾燥から髪を守り、ツヤツヤになれる対策を紹介したいと思います。

Sponsord Links

乾燥から髪を守るために日常生活で気をつけるべき5つの対策

1.摩擦を少なくする

髪を乾かす女性

お風呂上りにタオルでゴシゴシしていませんか?お風呂上りのキューティクルはとてもダメージを受けやすい状態です。

肌と同じように強い刺激を与えてしまうと髪表面のキューティクルが傷んでしまいます。すると水分が失われてしまい、髪が乾燥しパサつく原因になります。策対としては、タオルで水分を吸わせるように丁寧に拭くことです。

2.空気の乾燥を防ぐ

加湿器

外の空気だけではなく、部屋にいるときエアコンを付けていれば空気は乾燥しています。風が直接髪に当たっていると静電気が起きやすくなり、髪がゴワゴワしてしまいます。

静電気は一瞬ですが2万ボルトもの電流が流れていると言われています。これは当然、髪には大ダメージです。

加湿器をつけたり、オイルトリートメントをこまめに塗りなおすなどして乾燥から髪を守りましょう。髪の水分が失われてしまうと、ダメージはどんどん進んでしまいます。髪が傷みブラシが通らないときは、優しくほぐすようにしましょう。

加湿器を使わない加湿の方法はこちらの記事を参考に。
>>部屋の乾燥対策!加湿器無しで保水する8つの方法

3.ドライヤーは素早くする

ドライヤーで髪を乾かす女性

髪の毛を自然乾燥させるのは菌の繁殖を招き一番良くないことです。しかし完全に乾かすために長時間ドライヤーを当てることも髪を乾燥させる原因になります。

髪の水分が蒸発するときは、本来髪に必要な水分まで一緒に蒸発してしまいます。髪に必要な水分を残すためには余分な水分を、タオルできちんと拭き取ることが大切です。

ドライヤーをかけるときは、髪の内側の乾きにくい部分から乾かしていきましょう。乾かす目安は、髪が少し湿っているくらいです。


Sponsord Links

4.シャンプーをしすぎない

シャンプーする女性

乾燥から髪を守るには、頭皮の乾燥にも注意が必要です。髪は傷んでいたら切ることができますが、頭皮となるとそうはいきません。

シャンプーをしすぎると必要な油分まで落としてしまい乾燥し、かゆみやフケの原因となります。ダメージが進むと、毛根が傷つき抜け毛や薄毛になってしまいます。そんな頭皮では強い髪の毛は生えてくることができません。

シャンプーのし過ぎが良くない理由はこちらの記事をごらんください。
>>シャンプーのたびに大量の抜け毛に怯える女性への5つの提言

5.栄養バランスを整える

フードバランス

一見、髪と食事は関係ないように思えるかもしれません。でも、髪も肌同様に自分が食べたものからできているものです。

偏食やダイエットでバランスの悪い食事をしていると、髪も栄養不足になり乾燥やダメージに耐えられない弱い髪になってしまいます。髪を作っているのは主にたんぱく質で、ビタミンやミネラルを多く摂ることでツヤのある健康な髪を維持することができます。

また、体の冷えは血行を悪くし、髪の先端まで栄養を届けることができなくなります。体を冷やさないために暖かいものを飲んだり、食べたりしましょう。

どれだけヘアケアで乾燥の対策をしても栄養が行き届かない髪では意味がありません。ぜひ、食生活も見直してみてください。

体を冷やさない方法は、以下の記事内「体を温める」「代謝を高めるものを食べる」という項目をご参照ください。
>>冬から始めるダイエットが大正解!初夏に差がつく7つの美習慣

はちみつだけで出来る!乾燥から髪を守る対策

はちみつ

家でも簡単にできるはちみつパックを紹介したいと思います。自分で準備すれば安心して使えますよね。準備するものは、はちみつだけです。

髪をよく濡らしてから、傷んだ毛先を中心に優しく塗りましょう。傷みが気になるときは10分ほど置いたら洗い流してください。そのあといつもどおりシャンプーをしてください。これだけですが、髪がとてもサラサラになります。はちみつは保湿効果が高いので、髪にもしっとり感を出してくれます。

詳しいやり方は以下の記事にて。
>>はちみつが髪に与える4つの効能と使い方実例2選

時間があるときははちみつを塗った状態で、蒸しタオルやラップをすると保湿効果が高まり、乾燥知らずの髪になります。髪だけではなく肌やにも使えますよ。

肌に使用する方法は以下の記事をごらんください。
>>週1回10分のはちみつパックでニキビゼロ肌になろう!

はちみつの唇パックは以下の記事のワセリンパックと同じ手順です。
>>乾燥で唇が切れる!3つの注意点と神効果ワセリンパック

まとめ

髪が綺麗な女性ってとても素敵ですよね。印象が全然違うと思います。自分自身でも、髪がサラサラだと、嬉しくて良い気分になりますよね。

スキンケアと同じように念入りに乾燥対策をして、綺麗な髪を手に入れてくださいね。

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。

Sponsord Links