抜け毛は夏のダメージが原因!?季節替わりの髪と頭皮を守る方法

抜け毛

夏は日差しが強く汗もたくさんかくため、何かと肌トラブルを起こしやすい季節です。そして夏にダメージを受けているのは、顔や腕のように露出している皮膚だけでなく、頭皮も同じことなのです。

夏の終わりから秋にかけて急激に増える抜け毛の原因は様々ですが、夏の間に頭皮に受けるダメージはその大きな原因の1つです。

今回は、夏の終わり頃から急激に増える女性の抜け毛を軽減する方法をお話しします。

女性の抜け毛はホルモンバランスや夏の紫外線が原因

紫外線

女性の抜け毛の主な原因は、環境変化によるストレスや、ホルモンバランスの乱れだといわれていますが、秋に増える抜け毛を防ぐためには夏の紫外線や頭皮の汗にも注意が必要です。

頭皮に紫外線が長時間当たると、毛乳頭細胞がダメージを受けて髪の生え変わるサイクルが乱れ、本来より早く髪の毛が抜けてしまいます。

また、夏は頭皮に汗をかき毛穴が皮脂詰まりを起こしやすくなります。これによって抜け毛が増えるのは生理現象なのである程度仕方のないことなのですが、あまりに抜け毛が多すぎる場合には対策が必要です。

秋になると一気に抜け毛が増える!?

秋になり抜け毛が増えた女性

頭皮がダメージを受けて抜け毛となっていくまでには、2~3ヵ月のタイムラグが生じるといわれています。つまり、夏に紫外線を浴びてすぐに抜け毛になるのではなく、抜け毛が増えてくるのは秋からと考えられるのです。

逆にいえば、夏の時期に何も対策をせず放っておくと、秋から急激に抜け毛が増えて薄毛に悩む可能性は高くなるということ。

もっとも、最近では5月でも本格的に暑くなってきているので、夏の時点ですでに抜け毛に悩むこともあります。

1日100本程度の抜け毛なら正常範囲といわれていますが、秋口には倍の1日200本にもなり薄毛になりやすいので、次章にあげるような注意が必要です。

夏のうちにはじめたい抜け毛対策5つ

真夏

1.日傘をさす

夏の外出時には帽子を被るのも良いのですが、そうすると今度は頭皮の蒸れが気になります。そんな時は日傘を利用しましょう。髪の通気性はそのままで、紫外線の刺激から守ることができますし、何もしないよりずいぶん涼しく過ごせます。

2.シャンプーを丁寧に

シャンプー

夏は頭皮が皮脂詰まりを起こしやすく、抜け毛の原因になりやすいので、いつもより丁寧にシャンプーをしましょう。その日の汗はその日のうちに落としておきます。

ゴシゴシこすらず、指の腹を使って優しく洗い上げましょう。ただし、紫外線などでダメージを受けている場合は、洗浄力の強いものは使わず、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。

参考商品:
【ミノン】病院でも出されることのあるシャンプー。安価で使いやすい。
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/minon_shampoo/
【HIMAWARI】髪質によってタイプが選べる。
http://www.himawari-kracie.jp/lineup/

3.頭皮マッサージ

髪に栄養を行き渡らせ、抜け毛を予防するには頭皮マッサージも効果的です。

頭皮マッサージのやり方

髪のハリ 抜け毛 マッサージ

ツボの位置がわかりやすく説明されています。

4.食生活を見直す

夏は冷たいものを食べる機会が増えて、体調を崩しがちです。寝る前に冷たいものを食べたり飲んだりするのは避けましょう。

もしアイス等を食べてしまったときは、寝る前に温かい飲み物を1杯飲んでおくと安心です。また、食欲が湧かず栄養不足が気になる場合は、アミノ酸パウダーを利用してみましょう。アミノ酸は、髪の毛の栄養補給に効果的です。スポーツ系のアミノ酸パウダーがおすすめです。

5.海やプールも注意!

プール

夏の定番である海やプールの塩水や塩素が、髪にダメージを与え抜け毛にも繋がります。海やプールで遊び終わったら、できるだけ早くシャンプーとコンディショナーでケアをしておきましょう。できればトリートメントもしておくと良いでしょう。

また、前述したようなアミノ酸系シャンプーは頭皮や髪に優しいので、海やプールでダメージを受けた後の髪に最適です。

まとめ

いかがでしたか。夏は、紫外線や汗などにより頭皮が非常に大きなダメージを受けます。それが毎日蓄積していき、秋になった頃に抜け毛が一気に増えてしまいます。

とくに女性は、薄毛になったからといって男性のように髪を短く刈り込むわけにもいかず、対策方法が限られてしまいます。真夏のうちから髪や頭皮をいたわり、夏のダメージ軽減と抜け毛予防をはじめておきましょう。

▼このあと一番読まれている記事はこちらです。
[blogcard url=”https://any-stress.com/archives/18863″]