美容に欠かせないビタミンACEからプラセンタやヒアルロン酸まで!「飲む美容液」とまでいわれるウワサの【極美】日焼け止めサプリとは ? 〉〉

肌荒れを治す方法。40代でも30代のスキンケアしてない?

40代の肌荒れ対策

40代になってから、これまでなかった肌トラブルに悩まされる方が増えています。

「ファンデーションのノリが悪い」

「肌が乾燥して吹き出物が…」

もしかしたらそれらは、今までのスキンケア方法を見直すためのサインかも知れません。

この記事では40代の肌に起きる変化と、うるツヤ肌になるための「肌荒れを治す方法」をお伝えします。

40代の肌は思春期以来の肌荒れ好発期!

ストレスにさらされた肌

意識しているかどうかにかかわらず、私たちの肌は日々さまざまな刺激にさらされています。

  • 加齢によるコラーゲンやエラスチンなど肌を守るタンパク質の減少
  • 仕事や家庭などの精神的ストレス
  • 長年にわたる紫外線や外気による影響
  • 更年期による女性ホルモンの減少
  • 間違ったスキンケアによる慢性的な刺激
  • 肌質に合っていない化粧品の影響

こうした刺激に耐えつつ、頑張ってきた肌が悲鳴を上げるのが40代。

これまでの肌負担の蓄積と加齢に伴うホルモンバランスの変化が、40代の肌のバリア機能を低下させていくといわれています。

女性にとっての40代は体質が大きく変わっていく時期。年齢に応じたスキンケア方法に変えていくことが必要な時期になります。

40代の肌がトラブルを起こしやすい3つの理由

1.ホルモンバランスの変化にともなう過剰な皮脂分泌

ストレスフルな女性

意外に知らない人もいるのですが、女性にも男性ホルモンは分泌されています。

そのため40代になり、閉経に向かって次第に女性ホルモンが減少していくと、相対的に体内にある男性ホルモンが優位になっていきます。

男性ホルモンには皮脂の分泌を盛んにする作用があるため、過剰な皮脂で毛穴の詰まりや大人ニキビをまねき、肌荒れを起こす原因になります。

2.ストレスの蓄積によるターンオーバーサイクルの乱れ

睡眠不足

家族のために忙しく働く40代。日々蓄積するストレスはお肌の大敵です。

たとえばストレスによる不眠は、成長ホルモンの分泌低下をもたらし、肌細胞のターンオーバーサイクルを遅らせます。

さらにストレスは胃腸の働きも低下させ、便秘や悪玉腸内細菌の増加をまねきます。

それにより、体内の毒素のデトックスが上手くいかなくなり、肌荒れを起こして肌のハリツヤが失われ、化粧ノリも悪くなってしまいます。

関連記事

3. 肌バリア機能の低下による乾燥

肌バリア機能の低下

また、皮膚のバリア機能が低下すると、肌に水分を保持することができなくなります。

すると、肌はみずからを乾燥から身を守ろうと皮脂を分泌します。この皮脂が大人ニキビの原因にもなります。

さらに、乾燥肌の状態が長く続くと、次第に角質が薄くなっていきます。

この状態で、今までと同じ方法でスキンケアを続け皮脂をこすり落としてしまうと大変!40代の肌には刺激が強すぎて、炎症を起こすことも。

その結果、今度はターンオーバーの周期が早まり、未熟な肌が露出する「敏感肌へ移行してしまう悪循環に陥ってしまいます。

バリア機能低下 → 乾燥肌 → 接触刺激 → 敏感肌

この悪循環サイクルを断ち切るために、「40代の肌に合った肌荒れを治す方法」を取り入れる必要があります。

肌に優しいオーガニック化粧品は、こちらの記事で紹介していますのでご参考にしてくださいね。

40代の肌に合った肌荒れを治す方法とは何か

40代のスキンケア

1.体の内側から肌をサポートする

皮膚は内臓を映す鏡」といわれています。40代の私たちは、まずは、乱れた体内バランスを取り戻すことが大切です。

こういったことの継続により、体の内側から肌のターンオーバーサイクルを戻していきます。

2.適切なスキンケアで外側から肌をサポートする

外からのスキンケア

しかしながら内側からのアプローチだけでは、外からの刺激に対するバリア機能をアップするには不十分。

40代のスキンケアは外側からも肌を守ることが大切なんです。

  • 洗顔料は低刺激のものを使用し、ゴシゴシこすらない。水分も優しく押さえ拭きで
    (参考記事:ニキビ洗顔料おすすめTOP3!市販商品で手軽にニキビケア
  • セラミド配合の化粧品などを使用し保湿を十分に行う
  • 顔が赤い・ヒリヒリする時にはビタミンC誘導体配合の化粧品を使用する
  • 皮脂の油を脂取り紙で取る時は、軽く押さえる程度に
  • 紫外線対策1年を通じてしっかりとおこなう
  • 冬の乾燥時には加湿器を使用する

こういったことが、肌を守りながら肌荒れを治す方法になります。

また、30代の頃から使い続けている化粧品を「さっぱり」から「しっとり」タイプに変更するなどの対策も効果的です。

ご自身の肌質をチェックして、より効果的な化粧品を選ぶことも良いと思います。

さいごに

30代40代のスキンケア

40代の肌の特徴と40代の肌荒れを治す方法。参考になったでしょうか。

年齢とともにカラダも肌も変化していきますが、今の年齢に応じたセルフケアをすることで、本来のうるツヤ肌を取り戻すことはできます。

大切なことは2つ。「保湿」と「ストレスケア」です。

まずは、今のライフスタイル化粧水を見直すことから始めてみましょう!

…とはいえ、

仕事に家事に育児にと忙しく追われて自分のスキンケアに時間をかけられないのが40代かもしれません。

そんな時には高保湿なオールインワンという選択肢もありますよ。

人気はなんといってもコレ。

VERYのモデルさんも愛用中。たびたび雑誌でも取り上げられてる「メディプラスゲル」です。

初回1000円OFF、定期継続義務もなく、30日返金保証つきでお試ししやすいので一見の価値ありです。

たった1本だけで潤いが止まらない。
公式サイトを見てみる

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願っています。