【1分診断】ライフスタイルとのマッチ度が肝心!あなたにあったダイエットサプリは? 〉〉

8時間ダイエットの方法を誤解してるとヤバい!リバウンド者続出中

8時間ダイエットの方法

「ツラい運動は嫌い。カロリー計算が苦手。」

「・・・でも痩せたい。」

それなら、8時間ダイエットにトライしてみてはどうでしょう。

8時間ダイエットは「運動の時間がない」「細かいことが苦手」という人におすすめのダイエット法なんです。

この記事では、誤解している人が多い8時間ダイエットの方法について解説します。

8時間ダイエットとはそもそもどんなダイエット方法?

8時間ダイエット

8時間ダイエットは、

【8時間ダイエットの2つの基本ルール】

  • 8時間は何を食べてもOKだけど、16時間は水分のみで過ごす
  • 1日8分の有酸素運動を行う

という、とってもシンプルなダイエット方法です。

8時間ダイエットをすることで得られる3つの効果とは?

【8時間ダイエットの3つの効果】

  1. 16時間消化管を休めることで消化管が十分休養がとれ、内臓機能が回復し、蠕動運動がスムーズに行われるようになります(そのため、便秘が解消され、消化・吸収力がアップし太りにくい体質へと変わります)。
  2. 消化管の活動にメリハリができ、朝の目覚めがよくなります。
  3. 8時間の食事になるため、一食分の摂取カロリーが減少することで、体重減少につながります。

どうやら8時間ダイエットは消化器系に優しいダイエット法のようです。

実践にあたって、どんな注意事項があるのでしょうか?

8時間ダイエットにおける2つの食事ルールとは?

(1)1日2食を8時間の範囲で摂る

8時間ダイエットのルール

食べてはいけない食品の制限はありません。8時間で2食を摂るイメージになります。

お仕事をしているなら、12時~20時(または11時~19時)までがおすすめの時間帯。職場でお昼を摂り、夕食を20時までに済ませます。

(2)8つのスーパーフードのうち毎日2つを摂る

ベリー

8時間ダイエットでの食事は基本、昼食と夕食の1日2食になるため、効果的にバランスの良い食事をとることが大切です。

そのため、毎日の食事の中で次の8つの食品(スーパーフード)のうちの2種類を摂るというルールがあります。

【このうち2種類を毎日摂ること】

  1. 卵や脂身の少ない肉
  2. 乳製品
  3. ナッツ類
  4. 大豆等の豆類
  5. ベリー系(ブルーベリー、ストロベリー等)の果物
  6. 色の明るい果物
  7. 穀物(玄米、白米など)
  8. 葉物野菜

【スーパーフードの定義】
 
栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
 
一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。
 
(出典:一般社団法人 日本スーパーフード協会

スーパーフード8品目をみると、タンパク質・炭水化物・ミネラルはしっかり取るように配慮されていますね。

ただし、野菜と果物の2種類だけではなく、体を作るたんぱく質・エネルギー源となる炭水化物はバランスよくしっかり摂って健康的にダイエットすることが「やつれる」のではなく、美しく痩せるコツだといえます。

食べない16時間の水分に関してのルールは?

ミネラルウォーター

【水分に関するルール】

  • 絶対飲んではいけないものはありませんが、甘味料の多い水分はカロリー過多につながるため避けたいところです。
  • 基本的に水分はミネラルウォーターかお茶で摂ります。
  • 冷たいものより温かいものの方が内臓を冷やし過ぎず体にも優しく代謝も高まります。
  • 紅茶やコーヒーもOKですが、砂糖やミルクは避けます。
    (入れないと飲めない方は、8時間のお食事時間に摂ります)
  • アルコールも8時間のお食事タイム中に摂ります。
  • 1日2食で、食事から摂取する水分量が減りがちのため、意識して水分摂取を心がけます。
  • また、起きがけの水分もしっかりと摂るようにします。

8時間ダイエットにおける8分間の有酸素運動のルールは?

早足で歩くダイエット

8分間程度の短時間なので、ジムに通って筋トレをする必要はありません。

でも、体重を落とすことばかりに意識が集中すると、基礎代謝を高める筋肉量まで減少させてしまいがちなので注意が必要です。

もちろん、8分間しか運動をしてはいけないわけではなく、8分間以上ウォーキング等で全身の体を動かす有酸素運動をする方が、代謝が高まり痩せやすい体になります。

通勤時間を利用して毎日速足で歩くだけでも効果があるということですね。

気になる8時間ダイエットの口コミは?

口コミ

【8時間ダイエットの口コミ】

  • ストレスなくて助かる
  • 2週間で2キロやせた
  • 太らないけど、体重も減らない
  • 体重と友人と筋肉を失った…

色々な口コミ、色々なアレンジ法があるみたいですね。

きちんと理解しないでおこなうと、逆に健康を害する可能性もあるかもしれません。

8時間ダイエットでやってしまいがちな5つの失敗とは?

食べ過ぎてダイエット失敗

【8時間ダイエットでよくある失敗】

  1. 8時間内に1日の必要カロリー以上を摂取してしまい、カロリーオーバーとなってしまう。
  2. 8つのスーパーフードのバランスを考えず、エネルギー不足や野菜不足になってしまう。
  3. 16時間の水分のみの時間帯に、甘味料やスポーツドリンクを摂ってしまう。
  4. ただ単に8分間体を動かしただけ。
  5. ドカ食いをして胃腸の具合が悪くなる。

8時間だらだら食べ続けたりドカ食いをしたりすると、結局は消化管に負担がかかります。16時間の禁食中に甘い水分を多く摂ると、血糖値の上昇を招くことになります。

「8時間は食べられる」

「16時間は水分が摂れる」

という部分だけに注目するのではなく、摂取カロリーや規則正しい食事間隔に留意することは、体調を維持して健康的にダイエットするためには大切な注意点です。

8時間ダイエットの実践者は16時間の禁食をどう乗り越えているの?

アロマの香りでリラックス

【食べない時間の過ごし方】

  • 散歩する、ストレッチする
  • 氷やガム(もちろんシュガーレス)をかむ
  • 温かい飲み物をゆっくり飲む
  • 読書や編み物、趣味に没頭
  • 香りを楽しむ
  • 温めのお風呂に入る

この16時間をいかに楽しめるかが8時間ダイエット継続の秘訣かもしれません。

あなたも自分なりの工夫をして、健康に優しい8時間ダイエットに挑戦してみませんか?

さいごに

食事にメリハリをつけることは、消化管の負担を軽減することにつながります。

消化管が弱めに方や朝食抜きが平気な方には、8時間ダイエットは無理なく取り組めるカラダにも優しいダイエット方法ですね。

8時間ダイエットの注意点をきちんと理解して、健康的にダイエットをしましょう!

もし今、あなたによくない食習慣があるなら早めに見直してくださいね。