抜け毛に悩む10代女性急増中!10代の薄毛5つの原因とは?

10代で薄毛になってたまるか!

「ヤバ…最近急に髪が減ってきた気がする」

「前は量が多くて大変だったのに…」

今、女子中高生の間でそんな悩みが急増中なんだとか。

抜け毛・薄毛は年齢によって原因はさまざま。

この記事では、10代ならではの抜け毛の原因を徹底分析しています。

まずは、セルフチェックからどうぞ。

抜け毛の原因をセルフチェック-10代女性編

抜け毛チェック10代女性編

次の項目で、当てはまるものをチェックしてくださいね。

□ハンバーガーやコンビニ弁当をよく食べる
□ポテトチップスやお菓子を毎日食べる
□カップ麺やカップ焼きそばをよく食べる
□最近ダイエットした
☆いつも寝不足
☆夜中にSNSなどで遊ぶことが多い
☆寝る時間が不規則でたまに寝だめをする
◎一緒に遊ぶ友だちがタバコを吸う
◎実は自分もタバコを吸っている
◎家族がタバコを吸う
◎ナマ足で学校へ行く
◎ほとんどシャワーだけでお風呂に入らない
△勉強がしんどくて辛い
△親との関係で悩んでいる
△人間関係の深刻な悩みがある
◇毎日朝シャン
◇パーマやブリーチをしている
◇髪をいつも束ねている
◇シャンプーはテレビCMでよく見る定番品を使う
◇日中は帽子をかぶらずに外にいることが多い

さあ、あなたはいくつ当てはまりましたか?

20項目のうち5個以上チェックがついた人は抜け毛予備軍です。

10個以上チェックがついた人は、かなり危機的状況です。

たとえ今はまだ抜け毛が気にならなくても、やがて抜け毛を自覚するのは時間の問題ですね。

10個以下でちょっと安心している人は、同じマークがたくさんないかどうかを見てください。

◇や☆などのマークは、10代の抜け毛の原因をカテゴリー別に分けてあります。

どの原因に集中しているのかがわかれば、そこをしっかりと改善していきましょう。

10代女性の抜け毛 5つの原因別対策

  1. □に1つ以上チェックがついた人は「食生活」が原因
  2. ☆に1つ以上チェックがついた人は「睡眠不足」が原因
  3. ◎に2つ以上チェックがついた人は「血行不良」が原因
  4. △に1つでもチェックがついた人は「ストレス」が原因
  5. ◇に2つ以上チェックがついた人は「髪と頭皮の環境」が原因

では、順番にみていきましょう。

1.□のチェックが多かった人は「食生活」が原因

ダイエットが薄毛につながる

□印の項目の中で「最近ダイエットした」にチェックをつけた人は、成長期に必要な栄養が不足しています。

栄養分の供給が減るとからだは命を守るために、まず爪や髪へ送る栄養をカットしていきます。そのため、せっかく生えた髪も栄養不足で丈夫に育つことができずにどんどん抜けてしまうのです。

10代の女性の抜け毛で一番多い原因が、「食生活」の中のダイエットです。

スタイルを気にするあまり過激なダイエットを行うと、髪の毛だけでなくからだ全体が大きなダメージを受けます。バランスよく必要な栄養を補充して、髪の毛の再生を待たなくてはなりません。

□のその他のチェック項目は、カロリーや塩分、食品添加物の多い食生活です。

ジャンクフードという言葉を聞いたことがあると思いますが、あれは栄養がなくカロリーしかない「ゴミクズのような食品」という意味です。

このような食生活も、抜け毛を促進します。ジャンクフードは大抵味付けが濃いのでおいしく、そこが10代の味覚とマッチしてハマりやすい危険ポイントです。

単に栄養が足りないだけでなく、からだに有害なものがたくさん含まれているので、できるだけ健康的な食事を規則正しく摂るようにしましょう。

2.☆に2つ以上チェックがついた人は「睡眠不足」が原因

睡眠不足は抜け毛の原因

☆印は「睡眠不足」に関するチェック項目です。2つ以上チェックがついた人は、「睡眠不足」が抜け毛の原因になっています。

夜更かしをしたり寝る時間がバラバラだったり熟睡できていないと、寝ている間に分泌される成長ホルモンが少なくなります。

成長ホルモンは、成長を促すだけでなく、からだのダメージを修復し他のホルモンのバランスを調整する働きがあります。その大事な働きができなくなると、抜け毛が増え続けることになります。

質のよい睡眠が必要なので、眠る前の1~2時間はスマホやパソコンには触らずに、お風呂に入る・ストレッチをするなどして、ゆったりと過ごしましょう。

3.◎に2つ以上チェックがついた人は「血行不良」が原因

タバコで薄毛が進行する

まず、タバコは吸っているなら絶対にやめるべきです。将来、薄毛の喫煙家になりたければ「そのままどうぞ」というのですが、そうではないから読んでくれているはずです。

また、自分はタバコを吸わなくても、周囲の人の副流煙にさらされていたら同じことです。

喫煙は、血流を悪くして地肌の環境を悪くします。タバコはストレスの解消どころか、逆にストレスを増やして、タバコを吸いたい衝動を引き起こしています。

タバコで「ストレスが解消されている」という錯覚は、すでにニコチン依存症の入り口です。

また、普段からからだを冷やすような服装はよくありません。とくに、ミニスカートやノースリーブなど冬の軽装は女性にとって、とても危険なことです。

からだの冷えが血行を悪くし、卵巣の発育不全や老化を促進するので、月経困難症や生理不順だけでなく、抜け毛の原因にもなります。

暑い季節でも、ぬるめのお湯でいいので、なるべく湯船に浸かる習慣が大切です。

4.△に1つでもチェックがついた人は「ストレス」が原因

勉強によるストレス

ストレスは、頭皮の血行を悪くさせ、自律神経やホルモンのバランスを崩して、抜け毛の原因になります。

思春期の心のゆらぎ、親子関係のストレス、友だち付き合いやSNS疲れなどは、10代の女性には特に多いものといえるでしょう。

おとなになれば、「どうしてあんなに悩んでいたのだろう」と自然に解決できることでも、10代の頃には大きな悩みになっているものです。

更に、学校や塾での勉強など受験のストレスも加わります。

独りで解決するのが難しい時には、友だちやおとなの力を借りることをお勧めします。そして、頑張り過ぎないこと。

ストレス発散にピッタリの元気が出る音楽はこちら!

泣いてストレスをしっかりめにデトックスするならこちら。

5.◇に3つ以上チェックがついた人は「髪と頭皮の環境」が原因

もしかするとあなたは10代という若さゆえに、油断していませんか?

あるいはまだ収入もないので、おとなのようにヘアケアや美容院にお金をかけることもできないかもしれません。あなたは次のようなことに心当たりはありませんか?

カット代節約のため髪を伸ばして束ねている

ポニーテールは牽引性脱毛症の原因に

学校生活では髪を「縛る」場面が多いかもしれません。すると、常に引っ張る力が加わるので、地肌も髪も疲れてしまいます。

長時間髪を強く引っぱる状態が続くと、牽引性脱毛症の原因になります。きつめのポニーテールなどは、抜け毛の原因になります。

毎日、髪を結ぶ位置を変える、ゆるめのシュシュを使うなど、キッチリ縛らない工夫をしましょう。

美容院代節約のため、ドラッグストアで買ったブリーチやカラーリング剤(毛染め)を使っている

安いカラーリング剤は薄毛の原因

さらには、短い間隔で頻回にブリーチを行う。これは髪と地肌にとっては大ダメージです。地肌のトラブルや傷んだ髪は、抜け毛の原因です。できれば、そういう製品を使わない方がよいのです。

シャンプーは安い市販のものを使っている

市販の安いシャンプーは洗浄力が強い

安価なシャンプーはどれも洗浄力が強すぎて、地肌に必要な皮脂膜(天然バリア)を根こそぎはがしてしまいます。さらに、界面活性剤など髪と地肌によくない成分が、たくさん入っています。

地肌が有害物質と紫外線でダメージを受けると、間違いなく抜け毛の原因になります。

シャンプーを買う時には、成分表示をよく確認しましょう。できれば、こっそりママのシャンプーを使った方がいいかもしれません。

スルホン酸Na、ラウリル硫酸Naなど気をつけるべき成分表示はこちらを参考に。

毎日朝シャンをしている

朝シャンは薄毛のもと

頭皮も肌の一部です。朝にシャンプーをすると、皮脂膜のバリア機能がなくなった無防備な地肌が、1日中紫外線にさらされることになります。

こんなふうに毎日無防備な地肌でダメージを受け続けると、抜け毛の原因になります。

お肌の日焼けのように痛くならないし赤いのも見えないけれど、地肌はひどくダメージを受けて弱っています。シャンプーは夜にしましょう。そして、1日に1回で十分です。

もしするなら、夜のシャンプー以外は、ぬるま湯で洗い流すだけの湯シャンで。これで汗と汚れはちゃんと落とせます。ミランダカーや福山雅治さんもやっていますよ。

帽子をかぶらずに紫外線浴びまくり

オールシーズン帽子で紫外線対策を

帽子をかぶらないスタイルは、傷ついて無防備な地肌を紫外線にさらしています。

紫外線は季節を問わず髪と地肌を攻撃するので、抜け毛の原因になります。

顔に日焼け止めを塗るのと同じように、髪と地肌も帽子などで守ってあげましょう。

頭皮と髪のUVケアもできる日焼け止めサプリは人気です。

さいごに

抜け毛に悩む女性の中でも、とくに10代の場合には大人とは少し違った抜け毛の原因があります。

若いからといって、上に挙げたようなリスクをずっと放置していると、気づいた時にはかなり深刻な状態になっていることも。

セルフチェックで見つけた原因は、さっそく今日から改善できますね。

抜け毛が新たなストレスになり、さらに抜け毛が進行してしまうような悪循環は、キッパリと断ち切りましょう。

このあと一番読まれている記事はこちらです。