モチベーションを上げるには、ただフォーカスの対象を変えればいい

モチベーションの高い男

人からやらされることは嫌い。自分のことは自分で決めたい。自分で決めたことならやり通す。でも実は自分で決めたこともやり通せていない。あなたにはそんな経験はありませんか?僕にはそれこそ腐るほどありました。

Sponsord Links

フォーカスが間違ってる

一眼レフカメラを向けるサングラスの女性

今回はそんな僕にも効果てきめんだった、目標を達成するために「フォーカスを変えること」についてです。

  • 転職に有利な資格試験に合格する
  • ダイエットに成功して次の夏は主役になる
  • ビジネスを起こして副収入を得る

人によっていろいろな目標があると思います。しかし、あなたの目標がどんなことであっても「フォーカスを変える」ことは同じ効果を発揮します。

ダイエットの場合

メジャーでウエストを測る女性

ここでは仮に、イメージしやすい「ダイエット」にしましょう。今、この瞬間にもダイエットを始めてる人はいます。始める人は多いのですが、成功できる人の割合は少な過ぎます。

その一番の理由は「途中でやめてしまうから」です。とても単純でしょう?ならば、成功するためには「やめなければいい」ということです。これも単純でしょう?しかし多くの人は何故やめてしまうのでしょうか。

ひと言でいうなら「決めたことができなかったことを気にし過ぎている」。たったこれだけです。そして、そんな日が何日か続くことで「もうムダだ」とモチベーションの低下を招いてしまうことです。

決めたことを実行できない日があったくらいで「何をやってもムダ」だと思い込んでしまうから。「どうせ自分にはムリなんだ」と思い込んでしまうからなんです。

「出来なかったこと」にフォーカスしていると、この負のスパイラルにとらわれてしまいます。

Sponsord Links

心理学者によるタバコの実験

煙をくゆらす女性

精神科医ゆうきゆう先生が自身の著書の中で、心理学者マックフォールが行った実験について書いています。

これは大学生の喫煙者を対象に行われた実験です。まず被験者をAとBの2グループに分けます。Aグループには毎日「自分の喫煙本数」を記録させました。Bグループには毎日「喫煙をガマンした回数」を記録させました。どちらのグループもただ指定された項目について記録しただけです。

その結果、A・B両グループの喫煙量には明らかに差が出ました。Aグループでは喫煙量が増加したのに対し、Bグループでは喫煙量が大幅に減少したのです。

Aグループは「喫煙本数」にフォーカスしていたために無意識に喫煙欲求を刺激された。Bグループは「ガマンの回数」にフォーカスしていたために自己統制心を刺激された。

つまり、この実験の結果からいえることは「人は意識する対象によって行動が変わってくる」ということです。

ふたたびダイエットの話

ストレッチする女性

だから、ダイエットをするときにも
「ああ、また脂っこいモノを食ってしまった…」
「また今日も運動しなかった」

というふうに「マイナス要素」を数えて悲観的になるのではなく

「今日はしっかりストレッチしたぞ」
「エレベータじゃなくて階段を使ったぞ」
「コンビニまで車で行こうとしたけど歩いて行ったぞ」

というふうに「出来たこと」を数えるようにすることです。そうすると、自己嫌悪によるストレスを減らせる上に「明日はもっと体を動かすようにしてやろう」と思えてくるから不思議なものです。

“モノは考えようで変わる”

ありふれた言葉ですが、本当に意味を理解をしている人は意外と少ない。これも成功法則の一つと言えます。

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。

Sponsord Links