大きなストレスは、まず小さなストレスに砕くのがお約束です

砕かれたバラ

手に負えないストレスで押し潰されそうだ。自分ではもうどうにもならない。八方塞がりだ。そんなふうに感じているあなた。

もしかすると、とてつもなく大きなストレスを一度に丸ごと全部相手にしようとしていませんか?

大きいストレスは大粒の錠剤と同じ

ピンクの錠剤

僕は子供の頃、バファリンという頭痛薬が大の苦手でした。あの大粒の錠剤がどうしても喉に詰まりそうな気がして。大げさでなく「あれを飲むくらいなら、頭痛を我慢したほうがマシ」と思うほどでした。

大げさでなく、2錠飲むのに10分以上かかったものです。結局、最後はいつも母親の目を盗んでガリガリと錠剤を小さく噛み砕いて水で流し込んでいました。実はあまりに大きすぎるストレスに対してもこういうやり方が有効なのです。

大きすぎるストレスを抱えたら

別れ

もしも離婚のように大きなストレスを抱えてしまったら?

あなたは、先月別れた奥さんのことが忘れられず四六時中そのことが頭から離れない状況にいるでしょう。そんな状態では仕事も手につかず、普段なら考えられないようなミスをやらかしてさらなるストレスを抱え込んだりするかもしれません。

そうなる前に一刻も早くこの状態から抜け出す必要があります。

小さなストレスに噛み砕く

しかし、こんな大きなストレスの場合はそのままでは、なかなか乗り越えることができません。

そこで、大きなストレスは僕にとってのバファリンのように飲み込める位の小さなストレスの欠片になるまで噛み砕いて、それを1つずつ乗り越えていくというアプローチが有効です。


砕いたあとに分析する

虫眼鏡

砕いた小さなストレス片の一つひとつを分析してそれについてとるべき行動を考えていきます。今すぐ実行できることはすぐにやります。どうしようもないことは、これ以上とらわれないよう努めます。

やれることは今すぐにやる

すぐ実行できることとは、この場合でいえば別れに至るまでの小さなすれ違いの原因を振り返ること。自分から「もう一度話し合おう」と連絡をとってみること。

こういう場合、くだらない意地を張っていると、そのうち完全に取り返しがつかなくなります。行動は早いにこしたことはありません。

結論がハッキリ出ることもある

しかし反対に「どう考えても自分は悪くない」。「根本的に価値観が合わない相手だった」という結論が出れば、今回の別れは次のステップに踏み出す良いきっかけだったととらえることができるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?もしもあなたが巨大なストレスに苦しんだときにはこの考え方をぜひ思い出してください。

  • 大きなストレスを一度に解決しようとしても無理がある
  • そういう「ワープ」のようなものはない
  • 大きなストレスは細かく砕いて小さな欠片にして飲み込んでいく

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。