辞めたいけど切り出せない。でもこのままいたら潰れそう。どうにか円満退社する方法は…? 〉〉

社畜でも起業でもフリーランスでも身の丈に合った生き方を選べ

オフィスワークをする男性

社畜と対をなす概念としてフリーランスとかノマドワーカー、フリーエージェントというものがあります。たしかに、場所にも時間にも拘束されない彼らの働き方は一見とても自由で羨ましく思えます。

でも「どちらかが良くてどちらかが悪い」という問題ではないと僕は常々思っています。もちろん、お金はあるに越したことはないんでしょうけれど。

社畜の僕らには副業天国ともいえる現状

ガラス張りのオフィスビル

先行きの不安感を反映してか、ここ数年ずっとサラリーマンの副業がブームのようです。ほとんどの企業で「副業禁止」をうたっているのでしょうが、それをうたっている総務部長も副業をしていたりするので説得力はないですね。

競馬・パチンコ・LOTOなどのギャンブル系、株・FX・不動産などの投資系、せどり・オークションなどの転売系ネットショップの運営といった物販、ブログ・メルマガでのアフィリエイトに広告収入やコンテンツ販売など、ひとくちに「副業」といっても実に色んなものがあります。

こうしたことをする場合、突然会社を辞めたりせずあくまでも「副業」としてはじめることが肝心です。いきなり収入源を断ってしまうのは大きなリスクです。

一斉送信のスパムメールは一括削除

大量のスパムメール

「スキルゼロのド素人でも毎月50万円」とか「コピペするだけで40万円」とか「放ったらかしで毎月100万円」とか、「楽して大金が稼げますよ」的な釣り文句であなたにも毎日大量のスパムが届いていませんか?まさか言葉のとおりに受け取ってクリックしたりしてはいないでしょうか?

情報に飛びつく前に行間を読みこむ

それは本来はこういうことです。「ド素人だった私でも死ぬ気で努力した結果、毎月50万円稼ぐことができるようになりました」。「寝る間も惜しんで頑張った結果、毎月100万円が半自動的に入ってくる仕組みを作り上げられました」。どれもこれも、肝心な部分が根こそぎ省略されているのです。

憶測ではなく、実体験をもとに話しています。僕もスパムに飛びついて損をした経験が何度かあります。「一獲千金」とか「濡れ手に粟」だとか。そういう感覚だったらやらないほうがいいです。

また、「ダメでもともと」くらいの軽いノリだとおそらく継続することができないでしょう。僕が本気でパチプロになろうとした時だって睡眠時間を削ってデータ解析していましたから。継続できる「副収入源」として考えられるものを選ぶことが大切です。

ネットビジネスの成功者といわれる人たち

黄色いソファでノートをとる男性

ネットビジネスでのいわゆる「成功者」といわれる人たち。彼らの多くはあちこちで月収や年収を公開しています。「ビジネスを教えるというビジネス」をやってる人なら実績を公表しないと仕方がないと分かります。

彼らに憧れを抱くのは悪いことではないと思います。金銭的な豊かさは「幸せ」の大きな要素ですから。

でも、ときどき見かけるこういう人はどうかと思うんです。会社組織で頑張っている人たちを軽蔑的に「社畜」呼ばわりしている人たち。僕は正直いって、気分は良くないです。人にはそれぞれの“向き不向き”があるはずです。あなたはどうでしょうか?

人にはそれぞれ身の丈に合った生き方がある

サーモン

鮭には鮭の、マグロにはマグロの生き方があるんです。どちらが良いとか悪いとかじゃなくて。どちらが上でどちらが下とかじゃなくて。

鮭には高い母川回帰性があります。川で生まれた鮭は川を下りやがて海へ出ます。そして海へ出て2~8年経つと自分の生まれた川に遡上して産卵活動をおこないます。

一方、マグロは回遊魚です。常に泳いでいて止まる事はありません。回遊魚は、エラを自分で動かせないので、泳ぎながら海水から酸素を補給しているためです。泳いで口中に新鮮な水を流し続ける必要があり、止まると酸素が供給できずに死んでしまうのです。

鮭が激しく泳ぎ続けられないからといって落ち込むことはない。マグロが川に遡上できないからといって落ち込むことはない。

社畜にも会社の歯車のプライドがある

歯車のシルエット

それぞれの場所で輝けばいいと思うんです。「身の丈に合った」とでもいえばいいのか。

そりゃあね、会社員なんて企業の歯車かもしれない。でも歯車が一つ欠けても機械は動かないんです。交換できるパーツかもしれないけど、交換してもらっては困るお客さんだっているんです。そのパーツじゃないとダメなお客さんがいるんです。そのパーツは会社を代表して毎日お客さんに会いに行っているんですよ。

環境に洗脳されてはいけない

鬼の軍曹

「会社からはマニュアルや研修で均一なロボットになるよう」に洗脳を受ける。「ネットからは時間から自由になるには会社員では無理」と洗脳を受ける。そのどちらも極端だと思いませんか?

会社で経験したことで成長できた自分がいる。今の仕事に多少のやりがいも感じている。でも僕らは感情を無くしたロボットじゃない。時間やお金に縛られず自由に生きていきたいのも事実。

大切なのはバランス感覚です。どちらか一方だけの意見に流されることなくそれぞれのメリットとデメリットを自分の頭で考えて主体的に行動を選びましょう。

「これだけが唯一の正解」そんなものはどこを探したってないのですから。「あなたにとっての正解」。これなら見つけることができるはずです。そしてそれ以外はどうでもいいノイズなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
最後に4つの質問をあなたに。

  • あなたは、その仕事にプライドを持てるか
  • あなたは、その仕事を通して成長できるか
  • あなたは、その仕事で家族と自分を幸せにできるか
  • だったら、あなたはどうするか?

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願って。