辞めたいけど切り出せない。でもこのままいたら潰れそう。どうにか円満退社する方法は…? 〉〉

うつ病で退職すると再就職は絶望的?壊れるまで続けるべき?

うつ病で退職した女性

身体的な病気やケガを負った場合とは異なり、心の病となると、仕事に携わりながら治療を行うことは難しいとされています。

その代表がうつ病ですが、うつ病を発症した場合、休職や退職などの措置をとり、治療に専念することがベストであると考えられています。

その場合気がかりなのは、退職後の再就職ではないでしょうか。

ここでは、うつ病で退職した場合、その後の再就職に向けて心がけるべきことについてお伝えします。

うつ病になったら休職か?退職か?退職を申し出るタイミングは?

休職を切り出せない女性

第一選択肢は休職。それが認められない場合、および休職期間内に回復の見込みが低い場合には退職となります。

うつ病とはストレスに起因する病気であり、その治療においては、「いかに原因から遠ざけられるか?」が重要なポイントとなってきます。

うつ病になった原因が仕事にあるのであれば、ひとまず仕事から距離を置き、休職なり退職なりの措置をとる必要があります。

ほとんどの会社には休職制度が設けられており、一時的に長期休暇をとり、病気やケガの療養に充てることができます。

「仕事を休んでいると、その間収入がゼロになるのでは…」と懸念されている方もいらっしゃるかもしれませんが、休職中も手当を受けられる「傷病手当」という制度もあります。

もちろん、うつ病などの精神的な病気を患った場合にもこの休職制度や傷病手当金が適用されますので、活用しない手はありません。

しかしながら、病状が非常に重く、会社が定める休職期間中では回復する見込みが低いと判断された場合には、「退職」という手段をとらざるを得なくなります。

ここで気がかりなのが、上司に退職を申し出るタイミングです。

しかし、あまり前もって切り出す必要はなく、休職期間ギリギリまで休職をし、できれば休職期間を過ぎてから、上司に退職を申し出るようにしましょう。療養が何にも優先します。

なお、あなたが「ブラック企業」と呼ばれるような会社に所属している場合には、たとえ医師より休職を勧められたとしても、休職を認めてもらえないケースも。

その場合、無理をして頑張り続けて症状を重篤化させるくらいなら、ダイレクトに「退職」という選択肢をとったほうがよいかもしれません。

うつ病で退職したら、再就職に不利になる?

うつ病からの再就職

うつ病で退職するか否かが問題ではなく、面接時に退職理由として正直にうつ病を告げることは残念ながら不利になります。

会社の上司との関係やノルマの重圧からくるストレスをきっかけにうつ病を患ってしまった人のなかには、「うつ病で退職すると、再就職に不利になるのではないか?」と考えている人もいらっしゃることでしょう。

ストレス社会に生きる現代人にとって、うつ病はまさに現代病とも言える病気であり、うつ病の症状と闘っている人はあなた以外にもたくさんいます。

したがって、そのような状況について面接官自身もよく理解しているものと思いがちですが、残念ながら面接時にうつ病であることを伝えることによって、面接に不利に働いたというというケースが多いのが現状です。

実際問題、うつ病は症状が良くなったとしても再発するケースが多く、そのたびに休みをとっている人が多いのです。

働き手が一人いないだけでも会社の営業利益に響いてきますので、リスクの高いうつ病既往歴のある人の採用を避けたいというのが会社側の思惑のようです。

したがって、再就職時の面接において退職理由を尋ねられた場合には、うつ病に限らず「病気をしたから」とか「人間関係で」「前の会社の残業が多かったから」といった採用側の不安をあおるような返答はマイナスに働く可能性が高いことを心に留めておかねばなりません。

実際には上記のような理由で退職へと追い込まれたとしても、面接時には口に出すべきではありません。

そうではなく、たとえ嘘でも「○○がしたいから」といった前向きな回答を用意しておくと再就職がスムーズにいくでしょう。

あなたはもう十分に正直に頑張ってきたはずです。これ以上自分を追い込まず生きていくためには、多少の方便も必要なことを知ってください。

うつ病で退職…再就職に向けた転職活動はいつ頃から始めるべき?

うつ病から復職のカウンセリング

収入のことを考えると、できるだけ早く転職活動を開始したい気持ちは分かります。

しかし、うつ病で休養中は再就職のことについてあれこれ考えず、治療に専念することが大切です。

うつ病は俗に「心の風邪」とも呼ばれていますが、一般的な風邪とは異なり、薬を飲んで暫く安静にしていれば治る病気ではありません。

「早く復帰しなければ…」という焦りの気持ちが症状のさらなる悪化を招くことも考えられますので、うつ病により前職を退職後、休養している間は仕事や転職のことから離れ、とにかく療養することのみを考え、生活を送ることが大切です。

うつ病が軽快したかどうかについては、自分では判断しづらいものです。「症状がだいぶ回復したな」と思ったら、主治医に相談してみましょう。

主治医より「職場復帰可能」という診断が下されたら、再就職に向けて転職活動を開始しましょう。

先ほどもお伝えしたように、うつ病は再発リスクの高い病気ですので、くれぐれも再就職後1~3ヶ月の間は頑張りすぎないように注意が必要です。

さいごに

これまで頑張って勤めてきた会社を、うつ病を理由に辞めなければならないということに対して抵抗を感じているのはあなただけではありません。

しかし、うつ病は状況を変えない限り、症状が良くなるはずがありません。それどころか、症状のさらなる悪化が想定されます。

上司との関係やノルマの重圧からくるストレスをきっかけにうつ病を患い、ただ一人もがき苦しんでいるのであれば、いったん休職や退職をし、心の休養に専念しましょう。

大丈夫、きっと良くなります。

私なんて3度のうつ病を乗り越えて元気にやってますから。

あなたの今日がほんの少しストレスフリーに近づくことを願っています。

Sponsord Links